鈴木直 (社会思想史学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鈴木 直(すずき ただし、1949年 - )は、日本社会思想史学者、東京経済大学教授。

東京都生まれ。1974年東京大学教養学部教養学科ドイツ分科卒業、同大学院比較文学比較文化博士課程退学、東京医科歯科大学助教授、教授、2009年東京経済大学経済学部教授(社会思想史)[1]

著書[編集]

  • 『輸入学問の功罪 この翻訳わかりますか?』ちくま新書 2007
  • 『マルクス思想の核心 21世紀の社会理論のために』NHKブックス 2016

翻訳[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『マルクス思想の核心』著者紹介

外部リンク[編集]