ヨアヒム・フェスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ヨアヒム・フェスト(Joachim Clemens Fest, 1926年12月8日 - 2006年9月11日)は、ドイツ歴史家ジャーナリスト評論家編集者作家ナチスについての著作コメンテーターとして最もよく知られている。ヒトラーシュペーアとドイツのレジスタンス運動について詳しい。

生涯[編集]

1926年にベルリン郊外のカールホルスト保守的なカトリック教徒の教師の家庭に生まれる。ナチスに反感を持っていた父親はヒトラー・ユーゲントへの協力拒否を貫いたために学校から追放された。そのためにヨアヒム自身もヒトラー・ユーゲントに参加することはなかった。父はカトリック教会付属の寄宿制学校の教職を得てフライブルクに移った。 ヨアヒムは18歳になると、武装親衛隊への志願を強要されるのを恐れ、父親の反対を押し切ってドイツ国防軍に志願した。しかし、フランスで捕虜になり終戦を迎える。

戦後、フライブルク大学で法律、社会学、歴史や文学を学ぶ。卒業後、アメリカがベルリンに設置したアメリカ軍占領地区放送局(英: Radio In the American Sector,独: Rundfunk im amerikanischen Sektor, 通称:RIAS)に勤務した。そこでドイツ近現代史のラジオレポートを担当したことが歴史研究を始める切っ掛けとなった。その仕事が高く評価され、北ドイツ放送に移籍し雑誌編集者を務めた。 その後北ドイツ放送を辞職して、フリーの評論家としてナチス関連の書籍を出版した。

2006年、フランクフルト郊外のクロンベルクにある自宅で死去した。

著作[編集]

映画[編集]

ドキュメンタリー[編集]

外部リンク[編集]