鈴木仁子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鈴木 仁子(すずき ひとこ、1956年 - )は、ドイツ文学者、翻訳家、椙山女学園大学教授。

岐阜県生まれ。名古屋大学文学部独文科卒業、同大学院修士課程中退。2005年椙山女学園大学助教授、07年准教授、2011年教授[1]。2003年、W・G・ゼーバルト『アウステルリッツ』でレッシング翻訳賞受賞。

翻訳[編集]

  • ロルフ・ヴィルヘルム・ブレードニヒ編『ジャンボジェットのネズミ ヨーロッパの現代伝説』池田香代子共訳 白水社 1993
  • ルート・クリューガー『生きつづける ホロコーストの記憶を問う』みすず書房 みすずライブラリー 1997
  • ラインハルト・カイザー編著『インゲへの手紙 ある真実の愛の記録』白水社 1998
  • ヘニング・ヴィースナー,ヴァリ・ミュラー著 ギュンター・マタイ挿画『動物なぜなにものがたり』河出書房新社 1999
  • アキフ・ピリンチ,ロルフ・デーゲン『猫のしくみ 雄猫フランシスに学ぶ動物行動学』今泉忠明監修 早川書房 2000
  • シャルロッテ・ケルナー『ブループリント』講談社 ユースセレクション 2000
  • ブルクハルト・ヴェーナー『レオニーの選択 18歳少女の「政治」への旅立ち』光文社 2000
  • アンゲリーネ・バウアー『子どもの心をいやす魔法のメルヘン』池田香代子共訳 主婦の友社 2001
  • ローラント・ジーモン=シェーファー『ベレーニケに贈る小さな哲学』須田朗共訳 青土社 2001
  • W・G・ゼーバルト『アウステルリッツ』白水社 2003
  • アンドレアス・シュタインヘーフェル著 ケルスティン・マイヤー絵『ヘラジカがふってきた!』早川書房 ハリネズミの本箱 2003
  • ヨアヒム・フリードリヒ「4と1/2探偵局」絵楽ナオキ絵 ポプラ社
1、宝の地図のひみつ 2004
2、消えた先生のなぞ
3、天使の追跡大作戦
4、名探偵の10か条 2005
5、探偵犬、がんばる!
  • 「ゼーバルト・コレクション」白水社
『移民たち 四つの長い物語』2005
『目眩まし』2005
『土星の環 イギリス行脚』2007
『空襲と文学』2008
『カンポ・サント』2011
『鄙の宿 ゴットフリート・ケラーヨーハン・ペーター・ヘーベルローベルト・ヴァルザー他について』2014
  • ペーター・ハントケ『私たちがたがいをなにも知らなかった時』論創社 ドイツ現代戯曲選30 2006
  • アイナール・トゥルコウスキィ『まっくら、奇妙にしずか』河出書房新社 2008
  • カティア・ベーレンス『ハサウェイ・ジョウンズの恋』白水社 2009
  • ヴィルヘルム・ゲナツィーノ『そんな日の雨傘に』白水社 2010
  • アイナール・トゥルコウスキィ『月の花』河出書房新社 2010
  • アイナール・トゥルコウスキィ『おそろし山』河出書房新社 2012
  • ペーター・ツムトア『建築を考える』みすず書房 2012
  • ペーター・ツムトア『空気感(アトモスフェア)』みすず書房 2015
  • ユーディット・シャランスキー『奇妙な孤島の物語 私が行ったことのない、生涯行くこともないだろう50の島』河出書房新社 2016

脚注[編集]