鈴木仁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

鈴木 仁(すずき ひとし、1956 - )は、日本の動物学者。北海道大学大学院地球環境科学研究院教授。

人物[編集]

1956年生まれ[1]。日本の哺乳類の歴史を研究するために、ロシア、韓国、中国、インドネシア、オーストラリアの研究者と共同研究をおこなっている[2]東北大学理学部生物学科卒業[1]、1985年「マウスのリボソームRNA遺伝子の変異に関する分子生物学的並びに細胞遺伝学的研究」により、神戸大学より学術博士を授与される[1][3]

著書[編集]

論文[編集]

  • 鈴木仁 (2006), “ネズミ類にみる生物の進化と外来種問題”, エコソフィア (17): 36-40 
  • Ishida, K., Sato, J. J., Kinoshita, G., Hosoda, T., Kryukov, A. P., & 鈴木仁 (2013). Evolutionary history of the sable (martes zibellina brachyura) on hokkaido inferred from mitochondrial cytb and nuclear Mc1r and Tcf25 gene sequences. Acta Theriologica, 58(1), 13-24.
  • 鈴木仁, Nunome, M., Kinoshita, G., Aplin, K. P., Vogel, P., Kryukov, A. P., . . . 森脇和郎 (2013). Evolutionary and dispersal history of eurasian house mice mus musculus clarified by more extensive geographic sampling of mitochondrial DNA. Heredity,

関連項目[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c (Alexey Kryukov, 鈴木仁 & Elisabeth Haring 2010)
  2. ^ 生物科学支援室 2008
  3. ^ 博士論文書誌データベース

外部リンク[編集]