W・G・ゼーバルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

W・G・ゼーバルト(W・G・Sebald、1944年5月18日 - 2001年12月14日)はドイツ出身の小説家。写真やイラストなどを組み合わせた、小説とも随筆とも言えるような独特の散文作品で知られる。若くしてイギリスに移住したが、創作は一貫して19世紀の古典を意識したドイツ語で行った。本名はヴィンフリート・ゲオルク・マクシミリアン・ゼーバルト(Winfried Georg Maximilian Sebald)だが、響きがドイツ的過ぎるとしてイギリスではマックス(Max)の通称を用い、筆名としてW・G・ゼーバルトを用いた。

ドイツのアルゴイ地方ベルダッハに生まれる。ドイツのフライブルク、フランス語圏スイス、イギリスのマンチェスターでドイツ文学を学んだ後、1966年にマンチェスター大学の講師に赴任。1年ほどドイツのザンクト・ガレンに戻り高校教師を務めたのち同大学に戻り、以後イギリスに定住。1970年よりノリッチにあるイースト・アングリア大学の文学部講師となり、1988年にドイツ文学正教授に着任した。また1975年にはドイツのミュンヘンゲーテ・インスティテュートの講師を務めた。

散文作品としては『目眩まし』(1990年)、『移民たち』(1992年)、『土星の環』(1995年)、『アウステルリッツ』(2001年)の4編がある。ベルリン文学賞ハイネ賞ブレーメン文学賞全米批評家協会賞などを受賞しており、ジャック・デリダ等とならび将来のノーベル賞候補とも言われたが、2001年の12月14日、ノリッチで車を運転中に心筋梗塞を起こし、交通事故により57歳で死去した。

日本語訳[編集]