金田鬼一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

金田 鬼一(かねだ きいち、1886年12月10日 - 1963年11月1日)は日本のドイツ文学者、翻訳家。日本にグリム童話を紹介し、NHKラジオドイツ語講座の講師をも担当した。

経歴[編集]

帝室博物館職員の息子として東京に生まれる。京華中学校から第一高等学校を経て、東京帝国大学文学部独文科卒業。その後ドイツ留学中、第一次大戦勃発のため留学期間を短縮して帰国。 第四高等学校教授の後、学習院高等科教授となり、成蹊高等学校(1939 - 42年)などでも講師を務めた。

仕事[編集]

  • 『グリム童話集』岩波文庫、1929-34 
  • 負けた人(シユミツトボン 近代劇大系、1922
  • キルヒフェルトの牧師(アンツェングルーベル 世界戯曲全集、1928
  • あたし達死んでる者は蘇生つてから イプセン 世界戯曲全集、1928
  • ダマスクスへ(ストリンドベルク 世界戯曲全集、1930

外部リンク[編集]