金澤竜二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

金澤 竜二(かなざわ りゅうじ、1985年9月4日 - )は、福島県白河市出身の競輪選手日本競輪学校第91期生。

来歴[編集]

競輪学校の同期生でもある金澤幸司双子の兄。

師匠は添田広福(競輪学校49期生)。兄・幸司の師匠は班目秀雄であり、同門ではない。

学校法人石川高等学校時代の2003年全国高等学校総合体育大会自転車競技大会(インターハイ)の3kmインディヴィデュアル・パーシュート(3㎞個人追抜)で優勝。

2005年、競輪学校に入校。同年7月に行われた同校第1回記録会において、同校史上6人目のゴールデンキャップを獲得した。競輪学校における在校競走成績は第21位(9勝)。

2006年7月5日大宮競輪場でデビューし、初勝利を挙げた。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]