金子隆芳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
金子 隆芳
(かねこ たかよし)
人物情報
生誕 (1928-05-17) 1928年5月17日
日本の旗 日本 東京
死没 (2022-07-02) 2022年7月2日(94歳没)
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京文理科大学
学問
研究分野 心理学
研究機関 筑波大学
学位 文学博士東京教育大学・1963年)
称号 正四位
瑞宝中綬章
テンプレートを表示

金子 隆芳(かねこ たかよし、1928年昭和3年〉5月17日 - 2022年〈令和4年〉7月2日[1])は、日本心理学者文学博士。専門領域は知覚心理学色彩学筑波大学名誉教授[1]日本心理学会元理事長。社会的活動としては、日本色覚差別撤廃の会会長を務めた。位階勲等正四位瑞宝中綬章[1][2]

経歴[編集]

  • 1952年: 東京文理科大学卒業。
  • 1954年: ミズーリ大学大学院修士課程修了。
  • 1957年: 東京教育大学大学院教育学研究科博士課程退学。
  • 1963年:「主として物体色における心理学的等歩度色彩空間に関する研究」で東京教育大学文学博士[3]
  • 1966年: 東京教育大学教育学部助教授
  • 1974年: 東京教育大学教育学部教授
  • 1975年: 筑波大学心理学系教授。
  • 1992年: 筑波大学定年退職。

 その後、日本大学大学院芸術学研究科非常勤講師等を務めた。 「石原式色覚異常検査表」に代わる新しい学校教育用色覚検査表「色のなかまテスト」(Color Mate Test、CMT)を開発。自らが色覚異常であることを公表し、日本色覚差別撤廃の会会長として活動した。

2019年(令和元年)秋の叙勲で瑞宝中綬章を受章[2]

2022年(令和4年)7月2日、死去。94歳没。死没日付で正四位に叙された[1]

栄典[編集]

著書・訳書[編集]

  • イエ・エヌ・ソコーロフ 著、金子隆芳・鈴木宏哉 訳 『知覚と条件反射 : 知覚の反射的基礎』世界書院〈現代ソヴェト条件反射選書〉、1965年。 
  • 金子隆芳 『色の科学 : その精神物理学』みすず書房〈みすず科学ライブラリー〉、1968年。 
  • グレゴリー 著、金子隆芳 訳 『インテリジェント・アイ』みすず書房〈みすず科学ライブラリー〉、1972年。 
  • 金子隆芳、古崎敬編著 『現代心理学要説』日本文化科学社、1977年。 
  • M.A.アービッブ 著、金子隆芳 訳 『脳 : 思考と行動の源をさぐる』サイエンス社〈サイエンス叢書〉、1978年。 
  • D.A.ドンディス 著、金子隆芳 訳 『形は語る : 視覚言語の構造と分析』サイエンス社〈サイエンス叢書〉、1979年。 
  • 金子隆芳編 『現代心理学要論』教育出版、1982年。ISBN 4-316-32590-6 
  • G.D.ワッセルマン 著、金子隆芳 訳 『分子生物学からみた神経心理学』サイエンス社、1984年。ISBN 4-7819-0378-9 
  • 金子隆芳 『色彩の科学』岩波書店岩波新書〉、1988年。ISBN 4-00-430044-4 
  • 金子隆芳 『色彩の心理学』岩波書店〈岩波新書〉、1990年。ISBN 4-00-430134-3 
  • 金子隆芳ほか編著 『心理学辞典』教育出版、1991年。ISBN 4-316-38570-4 
  • M.A.アービブ 著、金子隆芳 訳 『ニューラルネットと脳理論』サイエンス社〈Information & computing〉、1992年。ISBN 4-7819-0646-X 
  • D.M.マッケイ 著、金子隆芳 訳、V.マッケイ編 編 『ビハインド・アイ : 脳の情報処理から何を学ぶか』新曜社、1993年。ISBN 4-7885-0441-3 
  • J.ダビドフ 著、金子隆芳 訳 『色彩の認知新論』マグロウヒル出版、1993年。ISBN 4-89501-575-0 
  • 金子隆芳 『色の科学 : その心理と生理と物理』朝倉書店〈色彩科学選書〉、1995年。ISBN 4-254-10537-1 
  • G.M.エーデルマン 著、金子隆芳 訳 『脳から心へ : 心の進化の生物学』新曜社、1995年。ISBN 4-7885-0519-3 
  • 高柳泰世、金子隆芳 『色覚異常に配慮した色づかいの手引き : 色彩バリアフリーマニュアル』ぱすてる書房、1998年。ISBN 4-938732-45-9 
  • テレンス・W.ディーコン 著、金子隆芳 訳 『ヒトはいかにして人となったか : 言語と脳の共進化』新曜社、1999年。ISBN 4-7885-0671-8 

論文[編集]

  • 小保内虎夫と共著 「感応理論の研究・第39報告-感応に於ける刺激の強さ、分量及び距離の要因」 『心理学研究』 第23巻 2号 1953
  • 「The psychological abstruct の有効指数について」 『心理学研究』 第26巻 1956
  • 小保内虎夫と共著 "Spatiotemporal Characteristics of excitation and inhibition in the retino-cerebral fields", Japanese Psychological Research, Vol. 1, No. 7, 1959
  • 「周辺視野明度と色の弁別について」 『心理学研究』 第29巻 3号 1958
  • 「脳波研究の発展と教育心理学への寄与」 『心理学研究』 第6巻 2号 1958
  • 「主として Kleene と von Neumann による神経網理論の基礎的研究について」 『科学基礎論研究』 第4巻 1959
  • 「色の見え方の諸条件とその様相」 『心理学評論』 第3巻 2号 1959
  • 「IQ 軸の心理物理的妥当性」 『テレヴィジョン学会誌』 第17巻 1963
  • "Hyperbolic chromatic value coordinates system", Acta Chromatica, Vol. 1, 1963
  • "A study on rapid declining processes of color sensation", Acta Chromatica, Vol. 2, 1963
  • 「均等色差色空間構成の諸問題」 『心理学研究』 第35巻 4号 1965
  • 「オプチカル・アートとその視覚効果」 『心理学評論』 第16巻 2号 1973
  • "Development and present status of psychology in Japan", In A. R. Gilgen (ed.) International Handbook of Psychology, Green Wood Press, 1987

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e 『官報』第792号7頁 令和4年8月8日
  2. ^ a b c 『官報』号外第151号、令和元年11月5日
  3. ^ 『日本心理学者事典』クレス出版、2003年、332頁。ISBN 4-87733-171-9 

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]