金子邦彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この項目には、JIS X 0213:2004 で規定されている文字が含まれています(詳細)。
金子 邦彦
生誕 1956年
国籍 日本の旗 日本
研究分野 物理学
非線形科学
理論生物学
研究機関 東京大学
出身校 東京大学
博士課程
指導教員
鈴木増雄
博士課程
指導学生
円城塔, 古澤力
主な受賞歴 仁科記念賞(2010年)
現象数理学三村賞(2020年)
日本進化学会学会賞(2020年)
木村資生記念学術賞
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

金子邦彦(かねこ くにひこ、1956年 - )は、日本の物理生物学者、専門は非線形複雑系物理理論生物学東京大学大学院総合文化研究科広域科学専攻教授理学博士

来歴[編集]

横浜市生まれ。1984年東京大学大学院理学系研究科博士課程修了、「非線形非平衡系におけるトーラスの崩壊とカオスの発生」で理学博士1986年東京大学教養学部助手、1990年助教授、1994年教授、1996年大学院総合文化研究科教授(大学院重点化に伴う配置換え)。

著書[編集]

共編著[編集]

関連項目[編集]

  • 円城塔 - 研究室に所属していた経験があり、金子に勧められてデビューを果たした。ペンネームも金子の作品にちなむ。

外部リンク[編集]

参考[編集]