金子筑水

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

金子 筑水(かねこ ちくすい、明治3年1月10日1870年2月10日) - 昭和12年(1937年6月1日)は、日本の哲学者評論家。本名は馬治(うまじ)。

経歴[編集]

長野県小県郡赤坂村(現上田市)生まれ。旧制上田中学(現・長野県上田高等学校)を経て、東京専門学校(現早稲田大学)卒業後、1893年母校講師となる。『早稲田文学』1898年2月に評論「所謂社会小説」を発表した。1903年ドイツに留学し、ライプツィヒ大学ベルリン大学ハイデルベルク大学に学び、帰国後の1907年に早稲田大学教授となり哲学、心理学、美学を講義した。その後は文学部長、早稲田大学坪内博士記念演劇博物館長、常務理事を務めた。1920年文学博士となる。第一次『早稲田文学』に文芸に関する論文、評論などを発表する傍ら、欧米思想の紹介や評論活動、アンリ・ベルグソンフリードリッヒ・ニーチェの翻訳等を行った。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『時代思想之研究』早稲田大学出版部、1910年5月。
  • 『普通心理学』早稲田大学出版部、1917年1月。NDLJP:954037
  • 『生活と文化』南北社、1919年5月。
    • 『生活と文化』南北社、1919年6月、再版。NDLJP:1088382
  • 『欧洲思想大観』東京堂〈思想叢書〉、1920年10月。
    • 『欧洲思想大観』東京堂〈思想叢書〉、1921年10月、11版。NDLJP:969714
  • 『現代哲学概論』東京堂〈思想叢書 第4編〉、1922年12月。
    • 『現代哲学概論』東京堂〈思想叢書 第4編〉、1923年4月、7版。NDLJP:969717
    • 『現代哲学概論』東京堂、1930年11月、増補改訂。NDLJP:1171617
  • 『芸術の本質』東京堂、1925年1月。NDLJP:969718
    • 『芸術の本質』東京堂、1925年4月、4版。NDLJP:1871985
  • 『文芸の本質観と特殊観』教化団体聯合会〈教化資料 第61輯〉、1927年5月。
  • 『哲学概論』早稲田大学出版部、1927年11月。NDLJP:1175807
  • 『欧洲思想大観』東京堂、1930年11月。NDLJP:1187107
    • 『欧洲思想大観』東京堂、1947年8月、改訂再版。NDLJP:1038784
  • 『哲学概説・現代認識論問題』誠文堂〈哲学講座 第1巻〉、1931年3月。
  • 『論理学 上』岩波書店〈岩波講座哲学〉、1932年9月。
  • 『論理学 下』岩波書店〈岩波講座哲学〉、1933年1月。
  • 『哲学概論 上』東海書房〈東海叢書〉、1946年12月。
  • 『哲学概論 下』東海書房〈東海叢書〉、1947年1月。

編著[編集]

翻訳[編集]

監修[編集]

  • 『基礎哲学』桑木厳翼・金子馬治監修、理想社出版部〈新哲学講座 第1巻〉、1937年11月。
  • 『特殊哲学』桑木厳翼・金子馬治監修、理想社出版部〈新哲学講座 第2巻〉、1937年12月。
  • 『文化哲学』桑木厳翼・金子馬治監修、理想社出版部〈新哲学講座 第3巻〉、1938年2月。

共訳[編集]

著作集[編集]

金子博士選集[編集]

  • 『文芸及哲学論集』理想社出版部〈金子博士選集 上巻〉、1938年5月。NDLJP:1228092
  • 『美学及芸術学講義』理想社出版部〈金子博士選集 下巻〉、1940年12月。NDLJP:1261685

明治文学全集[編集]

  • 金子筑水・田中王堂・片山孤村・中沢臨川・魚住折蘆集稲垣達郎編集、筑摩書房〈明治文学全集 50〉、1974年10月。ISBN 9784480103505

参考文献[編集]

  • 『長野県歴史人物大事典』 郷土出版社、1989年
  • 坂本令太郎『近代を築いたひとびと 5』、農山漁村文化協会、1978年

外部リンク[編集]