稲垣達郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

稲垣 達郎(いながき たつろう、1901年10月21日 - 1986年8月13日)は、日本近代文学の研究者である。

福井県敦賀市生まれ。早稲田大学文学部卒。早稲田高等学院の教師をしながら、1929年、雑誌『演劇』を創刊、日本プロレタリア演劇同盟調査部で劇評を書くが、全日本無産者芸術団体協議会解散後、近代文学研究に移り、森鴎外白樺派プロレタリア文学などを研究、1935年に結成された早大演劇研究会の中心となる。戦中から戦後にかけて『早稲田文学』に論文を執筆、実証的な手法で文学史家としての評価を固めた。

1949年、早大文学部教授。日本近代文学館の設立に参加、常務理事を務める。1972年、早大を定年退職、名誉教授。大東文化大学教授、大東文化大学大学院特任教授を経て、逝去まで同大学院講師。1983年、『稲垣達郎学芸文集』で読売文学賞を受賞。

妻は児童文学者の稲垣昌子(1907-1981)

単著[編集]

  • 『作家の肖像』大観堂, 1941
  • 夏目漱石』福村書店 (国語と文学の教室) 1952
  • 『近代日本文学の風貌』未來社, 1957
  • 『角鹿の蟹 つぬがのかに』私家版, 1972 のち筑摩書房、講談社文芸文庫
  • 稲垣達郎学芸文集』全3巻 筑摩書房, 1982
  • 『松前の風』講談社, 1988
  • 『森鴎外の歴史小説』岩波書店, 1989

編著[編集]

  • 森鴎外必携 学燈社, 1968
  • 坪内逍遥研究 座談会 岡保生共編 近代文化研究所, 1976
  • 島村抱月研究 座談会 同 近代文化研究所, 1980

参考[編集]