野村雅昭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

野村 雅昭(のむら まさあき、1939年 - )は、日本日本語学者落語研究家早稲田大学名誉教授

人物[編集]

東京生まれ。1962年東京教育大学文学部卒。大学在学中の1966年、関東圏各大学の落語研究会の連合組織「全関東大学落語連盟」を結成した。都立高校教諭、国立国語研究所言語計量研究部長を経て、1974年佐伯梅友国語学賞受賞。1989年早稲田大学教授、文学学術院教授。2010年定年退任、名誉教授。NHK放送用語委員、日本語学会会長などを歴任。

専攻は、日本語学文字語彙)・話芸の言語学的分析。JIS漢字コードの制定・改定に功績を持つ。

著書[編集]

単著[編集]

  • 漢字の未来 筑摩書房 1988.7
  • 日本語の風 大修館書店 1994.8
  • 落語の言語学 1994.5 平凡社選書 のちライブラリー
  • 落語のレトリック 1996.5 平凡社選書 落語の言語学シリーズ
  • 落語の話術 2000.2 平凡社選書 落語の言語学シリーズ

共編著[編集]

参考[編集]