重森暁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

重森 暁(しげもり あきら、1942年 - )は、日本の経済学者大阪経済大学経済学部名誉教授。専門は地方財政地方自治など。

1942年朝鮮・鉄原に生まれる。1972年京都大学文学部卒業。京都大学経済学博士。大阪経済大学第12代学長。大阪自治体問題研究所・理事長なども務め地方自治体の行財政についての提言もしている。また日本地方財政学会・理事、大学コンソーシアム大阪・副会長も務めていた。

略歴[編集]

所属団体[編集]

  • 日本地方財政学会
  • 日本財政法学会
  • 日本租税理論学会
  • 日本地方自治学会
  • 経済学教育学会

著書[編集]

単著[編集]

  • 『地域と労働の経済理論』(1981年・青木書店
  • 『現代地方自治の財政理論』(1988年・有斐閣
  • 『分権社会の政治経済学―産業自治と生活者民主主義』(1992年・青木書店)
  • 『柔らかい分権と地方財政』(1993年・自治体研究社
  • 『地方分権―どう実現するか』(1996年・丸善出版
  • 『分権社会の政策と財政―地域の世紀へ』(2001年・桜井書店
  • 『入門 現代地方自治と地方財政』(2003年・自治体研究社)

共著[編集]

編著[編集]

  • 『地域のなかの公務労働』(1981年・大月書店
  • 『日本財政論』(1983年・青木書店)
  • 『共同と人間発達の地域づくり―自治体改革への陣地戦』(1985年・自治体研究社)
  • 『日本公企業の再生』(1986年・法律文化社)
  • 『都市に未来はあるか―大震災と復興政策』(1997年・法律文化社)

共編著[編集]

  • 島恭彦池上惇)『情報化社会の行政改革』(1986年・青木書店)
  • (池上惇・植田和弘)『地方財政論』(1990年・有斐閣)
  • 遠州尋美)『都市再生の政治経済学―日米都市の比較研究』(1993年・東洋経済新報社
  • (池上惇)『現代の財政』(1996年・有斐閣)
  • 鶴田廣巳・植田和弘)『Basic現代財政学』(1998年・有斐閣、新版・2003年、第3版・2009年)
  • 坂本忠次遠藤宏一)『分権化と地域経済』(1999年・ナカニシヤ出版
  • 都市財政研究会)『しのびよる財政破綻―どう打開するか』(2000年・自治体研究社)
  • 関西地域問題研究会)『検証・市町村合併―合併で地域の明日は見えるか』(2002年・自治体研究社)
  • (大阪自治体問題研究所)『高石市・堺市の合併をどう考えるか―財政問題を中心に』(2002年・自治体研究社)
  • 田中重博)『構造改革と地方財政―分権的税財政システムへの展望』(2004年・自治体研究社)
  • 町村自治確立研究会・大阪自治体問題研究所)『財政分析からみた町村自治の可能性―大阪11町村の実態』(2004年・自治体研究社)
  • 藤森高志森詩恵)『新地域政策のすすめ』(2006年・法律文化社)
  • (植田和弘)『Basic地方財政論』(2013年・有斐閣)

関連項目[編集]