道の駅湯西川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
湯西川
悠久の湯も楽しめる魅力発信基地
道の駅湯西川
登録路線 国道121号
登録 第22回 (09015)
2006年8月10日
開駅年月日 2006年8月18日
営業時間 9:00 - 17:00
所在地
321-2603
栃木県日光市
西川478-1
座標
外部リンク 国土交通省案内ページ
公式ウェブサイト

道の駅湯西川(みちのえき ゆにしがわ)は、栃木県日光市にある国道121号道の駅である。

施設[編集]

湯の郷 湯西川観光センター
水陸両用バス・チャレンジャー号と搭乗待ち中の乗客、湯の郷湯西川観光センター前にて2007年8月3日撮影
情報
用途 道の駅
設計者 株式会社荒井設計[1]
施工 三井住友・栗山山本特定JV[1]
管理運営 株式会社 湯の郷[2]
構造形式 鉄筋コンクリート造[1]
敷地面積 7,063.59[1]
建築面積 1,067.92[1]
延床面積 1,376.28[1]
階数 地上2階[1]
駐車台数 42台[3]
竣工 2006年
所在地 栃木県日光市西川478-1
備考 第17回AP展 栃木県建築士事務所協会長賞[1]
テンプレートを表示

施設は野岩鉄道湯西川温泉駅と直結している。

管理者[編集]

指定管理者制度を導入しており、株式会社 湯の郷により運営されている。[2]

経営状況[編集]

  • 2012年度(平成24年度)は、収入が約155,000千円(事業収入および福島第一原子力発電所事故に伴う賠償金等)、支出が約152,000千円(人件費および管理費等)であり、若干の黒字であった[4]
  • 2011年度(平成23年度)は、収入が約154,000千円、支出が約155,000千円であり、若干の赤字であった[5]
  • 2010年度(平成22年度)は、収入が約177,000千円、支出が約175,000千円であり、若干の黒字であった[6]

ダックツアー[編集]

当駅を発着地として、水陸両用バスを使用し川治ダム湖の遊覧などを行う観光ツアーが、毎年7月から11月に行われている。

2006年(平成18年)に水陸両用バスのチャレンジャー号を用いて参加費が無料の体験試乗会を開催したことに始まり、2007年(平成19年)からは参加費を徴収する営業運行へと移行、2008年(平成20年)からは使用する車両を国産第一号で4WDの水陸両用バスであるLEGEND零ONE号へと変更して実施している。

アクセス[編集]

周辺[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h 湯の郷 湯西川観光センター|株式会社荒井設計、株式会社荒井設計、2014年4月27日閲覧
  2. ^ a b 日光市指定管理者施設一覧(平成25年4月1日現在)、日光市、2014年4月27日閲覧
  3. ^ 道の駅『湯西川』が登録されました。、国土交通省関東地方整備局宇都宮国道事務所報道発表資料、2006年8月10日、2014年4月27日閲覧
  4. ^ 日光市指定管理者施設:平成24年度収支一覧、日光市、2014年4月27日閲覧
  5. ^ 日光市指定管理者施設:平成23年度収支一覧、日光市、2014年4月27日閲覧
  6. ^ 日光市指定管理者施設:平成22年度収支一覧、日光市、2014年4月27日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]