道の駅ちくさ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ちくさ
道の駅ちくさ
登録路線 兵庫県道72号若桜下三河線
登録 第1回 (28004)
登録年月日 1993年4月22日
開駅年月日 不明
営業時間 8:30 - 18:00
所在地
671-3225
兵庫県宍粟市
千種町下河野745-5
座標
外部リンク 国土交通省案内ページ
テンプレート / プロジェクト道の駅

道の駅ちくさ(みちのえき ちくさ)は、兵庫県宍粟市千種町下河野にある兵庫県道72号若桜下三河線道の駅である。

施設[編集]

  • 駐車場
    • 普通車:32台
    • 大型車:4台
  • トイレ(いずれも24時間利用可能)
    • 男:大 1器、小 3器
    • 女:4器
    • 身障者用:1器
  • レストラン(9時 - 18時、12月30日 - 翌年3月31日は8時 - 19時)
  • 特産館(9時 - 18時、12月30日 - 翌年3月31日は8時 - 19時)
  • ふれあい市(9時 - 17時30分)

管理団体[編集]

開駅時は千種町観光協会が運営を担い、その後宍粟市指定管理者制度の実施により住民団体「道の駅ちくさ管理協会」が運営を引き継いだが、経営難により同管理協会が運営から撤退し、再度の公募により「はなさきむら」が選定された。「はなさきむら」はレストラン部分を同法人が運営する作業所の支所として運営する意向[1]

休館日[編集]

  • 毎週木曜日
  • 年末年始

看板[編集]

ツチノコの絵

ちくさでは、宍粟郡千種町(現・宍粟市)がツチノコ生け捕りに2億円を賭けていたことがあり、ツチノコに縁がある地域であることから看板にツチノコの絵、そこにおかえりなさいと書かれてある。2012年7月23日・24日に兵庫県立千種高等学校の生徒による看板の塗り替え作業が行われた[2]

アクセス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ [1]指定管理者の候補者選定にかかる審議について(答申) 宍粟市
  2. ^ 道の駅ちくさ「つちのこ看板」塗り替え作業 - 千種高等学校ブログ Vol.II

関連項目[編集]

外部リンク[編集]