道あゆみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
みち あゆみ
道 あゆみ
生誕 日本の旗 日本 東京都
出身校 一橋大学法学部
ニューヨーク大学・ロー・スクール
職業 弁護士
子供 あり

道 あゆみ(みち あゆみ)は、日本弁護士早稲田大学大学院法務研究科教授を経て、弁護士法人早稲田大学リーガル・クリニック弁護士。元日本弁護士連合会事務次長。

来歴[編集]

役職[編集]

  • 弁護士

弁護士としての主な役職:日本弁護士政治連盟副幹事長、東京弁護士会両性の平等に関する委員会委員長(2009年度)、東京都児童相談センター非常勤弁護士(2009年度)、東京MXテレビ番組審議会委員(2009年度)、日本弁護士連合会事務次長(2015年度 - 2017年度)

  • ニューヨーク州弁護士
  • 早稲田大学大学院法務研究科教授(2010年3月末まで)

人物[編集]

  • 一橋大学在学中、体育会バドミントン部に所属。
  • 弁護士活動の中心は家族問題。離婚事件、夫婦間暴力、児童虐待、セクハラ事件、DVなど。

政策[編集]

  • 選択的夫婦別姓制度導入に賛成[2]。「女性にとって真の意味で多様な選択が保障され、男女の関係が 豊かで対等なものとなる礎、法制度が準備されないかぎり、この社会に おいて、本当の意味で女性が活躍し、輝く環境を実現することは到底か なわない」と述べる[3]

テレビ出演[編集]

主な著書[編集]

  • 『ロースクール臨床教育の100年史』(共訳)(現代人文社 2005年)
  • 『臨床教育ハンドブック』(共著)(國學院大學専門職大学院法務研究科 2006年)
  • 『実務 ジェンダー法講義』(共著)(民事法研究会 2007年)
  • 『ドメスティック・バイオレンス』(実業之日本社 2009年)

脚注[編集]

  1. ^ 法科大学院インタビュー、九州大学
  2. ^ 毎日新聞2010年参院選アンケート
  3. ^ 選択的夫婦別姓実現キャンペーン、院内集会、2014年11月11日

外部リンク[編集]