車折神社 (各務原市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
車折神社
Kurumazaki jinja2008-1.jpg
所在地 岐阜県各務原市鵜沼大安寺町1丁目86
位置 北緯35度25分17.14秒
東経136度56分5.42秒
主祭神 清原頼業
創建 1955年(昭和30年)
テンプレートを表示

車折神社(くるまざきじんじゃ)は、岐阜県各務原市にある神社。

京都市右京区嵯峨にある車折神社から分霊し、1955年昭和30年)創建される。

学問の神社として、受験生の参拝が多い。

祭神[編集]

  • 清原頼業(きよはらのよりなり)
    • 平安時代後期の著名な漢学者・儒学者。清原氏の出であり、大外記の職を長年務め、晩年には九条兼実より政治の諮問を受け、兼実から「その才、神といふべく尊ぶべし」と評されたという。

境内社[編集]

  • 芸能神社
    • 祭神は天宇受売命。芸能・芸術の分野で活動する人々より強い崇敬を受けている。

所在地[編集]

  • 岐阜県各務原市鵜沼大安寺町1丁目86

交通[編集]

公共交通機関[編集]

自動車[編集]

その他[編集]

  • 受験の合格祈願などの祈願のさい、近くの川原で平らな石(直径20cm前後)を拾い、水で清めた後、その石に祈願する内容、名前などを記入し、社務所に申し込む。申し込み終了後、石を指定された奉納場に積み上げる。
  • 願いがかなった場合、近くの川原で平らな石(直径20cm前後)を拾い、水で清めた後、その石に御礼内容、名前などを記入し、社務所に申し込む。申し込み終了後、石を指定された奉納場に積み上げる。