福井県立足羽高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
足羽高等学校から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
福井県立足羽高等学校
国公私立の別 公立(福井県立)
設置者 福井県の旗 福井県
校訓 進取 積極 創造
設立年月日 1976年昭和51年)4月7日
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
設置学科 普通科
国際科
学期 3学期制
高校コード 18104J
所在地 918-8155
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

福井県立足羽高等学校(ふくいけんりつ あすわこうとうがっこう)は、福井県福井市にある県立の高等学校

特色[編集]

普通科[編集]

この学科は各学年共に普通コースが2クラスと特進コースが1クラスずつ設けられている。合格発表後に行う希望調査の結果と入試の成績に基づき、前者を希望する生徒は1・2組に、後者を希望する生徒は3組に入学後配属される。また、2年進級時にコースを変更することも可能(普通→特進、その逆など)である(ただし、成績による)。特進コース3組は2年次以降、文理分けがなされ文理別の科目については文系理系に分かれて2つの教室で少人数の授業が行われる。例えば、理系の生徒が物理の授業を受けている間文系の生徒は世界史の授業を受けている、などである。体育家庭科など文理共通の科目についてはクラス全員で授業を行う。また、普通コース1・2組も生徒の習熟度に応じ、一部の科目で少人数制の授業を行う。

国際科[編集]

県内で唯一国際科英語コースと中国語コースを備え、国際色豊かな教育を実施している。入学後、前者の生徒は5組へ、後者の生徒は4組にそれぞれ配属される。英語コースの生徒は英語圏の姉妹校へ、中国語コースの生徒は北京外国語大学へ、クラス全員が海外へ渡り、約半月間の語学研修を受けることが必須とされている。

英語コースの生徒は語学研修以外にもニュージーランドの友好協定校に一年間留学することができ、また国際交流事業として、アメリカオーストラリアの姉妹校から毎年留学生を受け入れている。留学生は生徒の自宅にホームステイする。

福井県高等学校生徒中国交流事業の事務局が当高校に置かれていることから、中国語コースでは浙江省との交換留学を毎年実施している。コース開設20年を数える中国語教育のレベルは高く、授業は毎回中国人教師と中国語の堪能な日本人教師が2人で教鞭を執る。

部活動[編集]

ライフル射撃部からはオリンピック日本代表選手を輩出するなど、全国トップレベル。1989年(平成元年)に校舎の隣に福井県立ライフル射撃場が建設された。

女子バスケットボール部はインターハイなどで好成績をあげている強豪である。

設置学科[編集]

沿革[編集]

  • 1975年昭和50年)10月 福井県立足羽高等学校設置告示
  • 1976年(昭和51年)4月 開校式・第1回入学式挙行
  • 1978年(昭和53年)3月 校舎落成式挙行
  • 1979年(昭和54年)2月 校歌完成発表会挙行
  • 1979年(昭和54年)3月 第1回卒業式挙行
  • 1985年(昭和60年)10月 創立10周年記念式典挙行
  • 1989年平成元年)4月 全国初の公立高等学校普通科国際コース(中国語)設置
  • 1991年(平成3年)4月 普通科国際コース(英語)設置
  • 1992年(平成4年)4月 普通科国際コース(中国語)が普通科より分離。国際科設置。
  • 1994年(平成6年)4月 普通科国際コース(英語)が普通科より分離。国際科英語コース設置。
  • 1995年(平成7年)10月 創立20周年記念式典挙行
  • 2005年(平成17年)11月 創立30周年記念式典挙行

所在地[編集]

出身者[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]