赤松林太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

赤松 林太郎(あかまつ りんたろう、1978年 - )は、日本ピアニスト。ピアノ指導者。大分県出身。

これまでにピアノを熊谷玲子、杉谷昭子、ミハイル・ヴォスクレセンスキー、フランス・クリダ、ジャン・ミコー、ジョルジュ・ナードル、ゾルターン・コチシュ、室内楽をニーナ・パタルチェツ、クリスチャン・イヴァルディ、音楽学を岡田暁生に師事する。

経歴[編集]

留学・演奏活動[編集]

メジャーデビュー[編集]

公演[編集]

ピアノ指導[編集]

現在は年間40回以上の国内外での演奏活動を続けながら、全国各地での講座や公開レッスンも多く、ホールのプロデュース、国内外での審査員も務めている。日本音楽表現学会、日本フォーレ協会各会員、全日本ピアノ指導者協会正会員。2010年度PTNAピティナピアノコンペティション新人指導者賞。

書籍・ CD・音源[編集]

  • 長谷川等伯 桃山画壇の変革者(別冊太陽 日本のこころ 166)エッセイ寄稿
  • スカルラッティ:ソナタ K380/L23 演奏:赤松林太郎・mp3 (5m44s)
  • Rintaro AKAMATSU-My dear Hungary!
  • Rintaro AKAMATSU-2006
  • Rintaro AKAMATSU-Le Message d'Amour
  • Rintaro AKAMATSU-YAMAHA Piano Concert in Cosmos Hall 2004
  • Duo HIBIKI-La Valse in Life。
  • Rintaro AKAMATSU-10代のメモリアルライブ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]