ピティナピアノコンペティション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ピティナ・ピアノコンペティションは、一般社団法人全日本ピアノ指導者協会(PTNA、ピティナ)が主催しているピアノコンクール

概要[編集]

1977年より毎年開催されており、現在では、予選参加者が日本全国で主催者発表3万人を超える[1]日本最大のコンクールである。これまで特に特級グランプリ受賞者から日本の前途有望な若手ピアニストたちを輩出している。[要出典]

コンクールは5月下旬から各地で予選が行われ、8月下旬に第一生命ホールなどで全国決勝大会を行う。特級グランプリには文部科学大臣賞が授与される。

沿革[編集]

  • 1977年、第1回PTNAヤングピアニスト・コンペティションを開催(後にピティナ・コンペティションに改名)
  • 1990年、シニア部門を設置(後にグランミューズ部門に改名)
  • 1991年、新課題曲作品賞を創設
  • 1994年、参加者が2万人を突破
  • 1996年、コンチェルト部門を設置
  • 2002年、聴衆賞を導入し、特級の決勝大会来場者による投票を開始する
  • 2003年、全部門参加者が3万人を突破

開催部門[編集]

ソロ部門[編集]

幼児から大人まで年齢に応じて10段階(A2、A1、B、C、D、E、F、ジュニアG、G、特)からなる部門。参加した級の合格ラインに達していれば合格証書が授与される。

デュオ部門[編集]

連弾や2台のピアノによる演奏。年齢に応じて6段階(連弾初級A・B、連弾中級、連弾上級、2台ピアノ初級、2台ピアノ中級、2台ピアノ上級)からなる部門。

グランミューズ部門[編集]

中学生以上のピアノ愛好者が対象。A1・A2・B1・B2・Y・J・D(Duo)の各カテゴリがある。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]