賀茂神社 (南房総市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
賀茂神社
賀茂神社・拝殿
所在地 千葉県南房総市加茂2070
位置 北緯35度00分55秒
東経139度56分42秒
座標: 北緯35度00分55秒 東経139度56分42秒
主祭神 別雷命
社格 村社
創建 和銅5年(712年
本殿の様式 流造
例祭 8月1日2日
主な神事 八朔祭
テンプレートを表示

賀茂神社(かもじんじゃ)は、千葉県南房総市加茂(安房国朝夷郡)にある神社。旧社格村社祭神別雷命他。

概要[編集]

かつての別当寺日運寺の住持日翁が文久元年(1861年)に著した「賀茂社略縁起」によれば、和銅5年(712年)の創祀という。天正年間、社領朱印地3石を寄せられ幕末まで保持した。また明治40年(1907年)には神饌幣帛料供進社に指定された。

一間社流れ造り屋根杮葺きの本殿は、現存する銘札から天正2年(1574年)の造営とみられ、蛙股や斗供、妻飾り・軒まわりなどの構成に室町時代末期の特色をよく残し、千葉県の有形文化財に指定されている。

8月1日2日八朔祭には、千葉県の無形民俗文化財に指定されている「加茂の三番叟」と「加茂の花踊り」が奉納される。加茂の三番叟は、少年による奉納舞であり、翁、千歳黒式尉の舞子3名(少年)、太鼓1名(大人)、小鼓3名(少年)、笛1名(大人)、脇役1名(大人)によって演じられ、倭の舞とも呼ばれる。加茂の花踊りは、八乙女舞とも呼ばれ、白衣緋袴巫女姿の8人の少女が、扇や手籠、紙花などを手にして舞う優雅なである[1]

交通[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 1972年(昭和47年)には、「加茂の三番叟と花踊」という名称で選択無形民俗文化財に選ばれた。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]