豊永郁子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

豊永 郁子(とよなが いくこ、1966年10月 - )は、日本政治学者

早稲田大学国際教養学部教授。東京大学博士(法学)。専門は、政治学比較政治学

愛知県名古屋市出身。1998年、『サッチャリズムの世紀』でサントリー学芸賞(思想・歴史部門)を受賞。

略歴[編集]

  • 1966年生まれ、名古屋、酒田、東京、札幌、大阪で育つ
  • 1989年 東京大学法学部第三類卒業
  • 1989年 東京大学法学部助手(-1992年)
  • 1992年 東京大学法学部専任講師(-1995年)
この間、ケンブリッジ大学大学院博士課程在籍(1993-1995年)
  • 1995年 地方自治総合研究所特別研究員(-1996年)
  • 1996年 九州大学法学部助教授(-2004年)
この間、ジョージタウン大学客員研究員(1998-2000年)
  • 2004年 早稲田大学国際教養学部教授(現職)
  • 2010年 東京大学 法学博士 論文の題は「新保守主義の作用 : 中曽根・ブレア・ブッシュと政治の変容(The scope of neoconservatism : transformation of politics under Nakasone, Blair and G. W. Bush)」[1]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『サッチャリズムの世紀――作用の政治学へ』(創文社, 1998年)
  • 『新保守主義の作用――中曽根・ブレア・ブッシュと政治の変容』(勁草書房, 2008年)
  • 『新版 サッチャリズムの世紀――作用の政治学へ』(勁草書房, 2010年)

論文[編集]

雑誌論文[編集]

  • 「サッチャリズムと住宅政策――ポピュラー・キャピタリズムと英国国家構造の接点(1-4)」『國家學會雜誌』107巻9・10号/108巻1・2号/108巻5・6号/108巻7・8号(1994年-1995年)
  • 「1980年代英国サッチャー政権下における住宅政策――公営住宅払い下げ政策を中心にして」『住宅・土地問題研究論文集』23号(2001年)
  • 「二つの『帝国』イメージの間で――新しい世界秩序の構築とアメリカ政治社会の将来」『法政研究』69号(2002年)
  • 「政界再編期におけるコーポラティスト・シナリオの台頭と挫折――NTT分割論争の帰趨をめぐる一試論」『レヴァイアサン』32号(2003年)
  • 「ジョージ・W・ブッシュ政権とテクノロジー政策」『レヴァイアサン』36号(2005年)
  • 「現憲法下におけるアメリカ型地方自治の可能性」『地方自治』692号(2005年)

単行本所収論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 博士論文書誌データベース