角海浜村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
角海浜村
廃止日 1901年11月1日
廃止理由 新設合併
五ヶ浜村角海浜村浦浜村
現在の自治体 新潟市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方北陸地方
甲信越地方信越地方
都道府県 新潟県
西蒲原郡
隣接自治体 五ヶ浜村、間瀬村
角海浜村役場
所在地 新潟県西蒲原郡角海浜村
 表示 ウィキプロジェクト

角海浜村(かくみはまむら)は、かつて新潟県西蒲原郡にあった1901年11月1日合併によって消滅し、現在は新潟市西蒲区の一部となっている。

以下の記述は合併直前当時の旧角海浜村に関しての記述であり、現在では名称等が異なる場合がある。なお、ここに記述されていない内容に関しては新潟市などの記事を参照。

概要[編集]

江戸期から続いた村で、越前能登の朝倉氏残党が織田氏の圧政に耐え兼ね、称名寺に率いられて定着したと伝えられる[1]。また、もともと五ヶ浜の小字角海であったが1608年(慶長13年)に五ヶ浜から分村したという説と、角海を隠れるの意に解して落人集落という説もある[1]

地理[編集]

西側は日本海に面する。

沿革[編集]

  • 1889年明治22年)4月1日 - 町村制施行に伴い西蒲原郡角海浜村が村制施行し、角海浜村が発足。
  • 1901年(明治34年)11月1日 - 西蒲原郡五ヶ浜村と合併し、浦浜村となり消滅。大字角海浜となる。

地域[編集]

合併を行わないで発足した村であるため、大字は編成していない。当時の村域は現在の新潟市西蒲区角海浜に該当する。

脚注[編集]

注釈

出典

[ヘルプ]

参考文献[編集]

関連項目[編集]