小吉村 (新潟県中蒲原郡)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小吉村
廃止日 1902年4月1日
廃止理由 分割合併
林村小吉村(一部) → 小林村
庄瀬村、菱潟村小吉村(一部) → 庄瀬村
現在の自治体 新潟市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方北陸地方
甲信越地方信越地方
都道府県 新潟県
中蒲原郡
隣接自治体 白根町、林村、臼井村、菱潟村、
庄瀬村、茨曽根村
西蒲原郡曲通村
小吉村役場
所在地 新潟県中蒲原郡小吉村大字蔵主[1]
 表示 ウィキプロジェクト

小吉村(こよしむら)は、かつて新潟県中蒲原郡にあった1902年4月1日合併によって消滅し、現在は新潟市南区の一部となっている。

以下の記述は合併直前当時の旧小吉村に関しての記述であり、現在では名称等が異なる場合がある。なお、ここに記述されていない内容に関しては新潟市などの記事を参照。

沿革[編集]

  • 1889年明治22年)4月1日 - 町村制施行に伴い中蒲原郡万年村櫛笥村平潟村平潟新田戸頭村上道潟下道潟沖新保村が合併し、小吉村が発足。
  • 1902年(明治35年)4月1日 - 村域を二分割し、次のとおり近隣自治体と合併して消滅。
    • 大字万年・櫛笥村・平潟・平潟新田・蔵主・戸頭 → 中蒲原郡林村と合併し小林村を設置
    • 大字沖新保・上道潟・下道潟 → 中蒲原郡庄瀬村、菱潟村と合併し庄瀬村を新設

地域[編集]

小吉村は、合併した村名を継承する以下の大字で構成される。

蔵主(ぞうす)
1889年(明治22年)まであった蔵主村の区域。現在の新潟市南区蔵主。
万年(まんねん)
1889年(明治22年)まであった万年村の区域。現在の新潟市南区万年。
櫛笥(くしげ)
1889年(明治22年)まであった櫛笥村の区域。現在の新潟市南区櫛笥。
平潟(ひらがた)
1889年(明治22年)まであった平潟村の区域。現在の新潟市南区平潟。
平潟新田(ひらがたしんでん)
1889年(明治22年)まであった平潟新田の区域。現在の新潟市南区平潟新田。
戸頭(とがしら)
1889年(明治22年)まであった戸頭村の区域。現在の新潟市南区戸頭。
上道潟(かみどうがた)
1889年(明治22年)まであった上道潟の区域。現在の新潟市南区上道潟。
下道潟(しもどうがた)
1889年(明治22年)まであった下道潟の区域。現在の新潟市南区下道潟。
沖新保(おきしんぼ)
1889年(明治22年)まであった沖新保村の区域。現在の新潟市南区沖新保。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈

出典

参考文献[編集]

関連項目[編集]