嘉山村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
嘉山村
廃止日 1901年11月1日
廃止理由 新設合併
葛塚村太田古屋村嘉山村(一部) → 葛塚町
長場村亀浦村嘉山村(一部)
長浦村
現在の自治体 新潟市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方北陸地方
甲信越地方信越地方
都道府県 新潟県
北蒲原郡
隣接自治体 葛塚村、太田古屋村、長場村、
亀浦村、天王村本田村山倉村
天神塚村鳥興野村
嘉山村役場
所在地 新潟県北蒲原郡嘉山村大字嘉山[1]
 表示 ウィキプロジェクト

嘉山村(かやまむら)は、かつて新潟県北蒲原郡にあった1901年11月1日合併によって消滅し、現在は新潟市北区の東栄町・前新田(前新田沖を含む)・新鼻(新鼻甲・新鼻乙を含む)・内沼(内沼沖を含む)・大月の全域および嘉山の大部分[注 1]・朝日町の一部となっている。

以下の記述は合併直前当時の旧嘉山村に関しての記述であり、現在では名称等が異なる場合がある。なお、ここに記述されていない内容に関しては新潟市などの記事を参照。

沿革[編集]

  • 1889年明治22年)4月1日 - 町村制施行に伴い北蒲原郡嘉山村前新田新鼻村新鼻新田内沼村大月村高田村新田地先が合併し、嘉山村が発足。村役場は大字嘉山に設置[2][3]
  • 1901年(明治34年)11月1日 - 村域を二分割し、次のように隣接自治体と合併して消滅。
    • 大字嘉山・新鼻・新鼻新田・前新田 → 北蒲原郡葛塚村、太田古屋村と合併し葛塚町を設置
    • 大字内沼・大月 → 北蒲原郡長場村、亀浦村と合併し長浦村を設置

地域[編集]

嘉山村は、合併した村名を継承する以下の大字で構成される。

嘉山(かやま)
1889年(明治22年)まであった嘉山村の区域。現在の新潟市北区嘉山・東栄町[4][5]・朝日町[6]の一部。
前新田(まえしんでん)
1889年(明治22年)まであった前新田の区域。現在の新潟市北区前新田および東栄町[4][5]・嘉山[7]の一部。
新鼻(しんばな)
1889年(明治22年)まであった新鼻村の区域。現在の新潟市北区新鼻。
新鼻新田(しんばなしんでん)
1889年(明治22年)まであった新鼻新田の区域。現在の新潟市北区新鼻甲[8]
内沼(うちぬま)
1889年(明治22年)まであった内沼村の区域。現在の新潟市北区内沼。
大月(おおづき)
1889年(明治22年)まであった大月村の区域。現在の新潟市北区大月。

行政[編集]

歴代村長[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 葛塚・上土地亀であった地域が含まれているため

出典

参考文献[編集]

  • 『市町村名変遷辞典』 東京堂出版、1990年
  • 『新潟県市町村区域及改称市町村名一覧表』 関井常弥、1889年3月25日
  • 『明治廿三年六月刊行 新潟県市町村名全書』 桜井書店、1890年6月18日
  • 『明治廿五年十二月再版 新潟県市町村名全書』 桜井書店、1892年12月20日
  • 『全國市町村便覧 訂正再版』 盛業館、1899年8月20日
  • 『新潟県下市町村吏姓名録』 藤田孝治郎、1889年12月11日
  • 『職員録. 明治28年1月現在 乙』、1895年
  • 『職員録. 明治28年(乙)』 内閣官報局、1895年12月20日
  • 『職員録. 明治29年(乙)』 内閣官報局、1897年1月9日
  • 『職員録. 明治30年(乙)』 内閣官報局、1897年
  • 『職員録. 明治32年(乙)』 印刷局、1899年4月29日
  • 『職員録. 明治33年(乙)』 印刷局、1900年
  • 『職員録. 明治34年(乙)』 印刷局、1901年7月20日

関連項目[編集]