角ヶ仙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
角ヶ仙
標高 1,152.7 m
所在地 日本の旗 日本 岡山県
津山市[註釈 1]苫田郡鏡野町
位置 北緯35度14分27.5秒
東経134度00分14.7秒
座標: 北緯35度14分27.5秒 東経134度00分14.7秒
山系 中国山地
種類 火山
の位置
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

角ヶ仙(つのがせん)は、岡山県北部美作地方津山市加茂町苫田郡鏡野町の境に位置しており、中国百名山にも指定されている標高1,152.7メートルの独立峰である[1][2][3]山頂には三等三角点(点名:角ヶ仙)が設置されている。火山性の山である。

概略[編集]

湯原奥津県立自然公園内にあるこの山は周囲を泉山花知ヶ仙三十人ヶ仙などの中国山地の山々に囲まれている[1][2]。山の北側に関して言えば、広葉樹が生い茂り眺めはよろしくないものの、ほかは素晴らしい眺望が望むことができる山頂からは、西方の遥か遠くに大山までも眺めることもできる[1][2]。山麓の越畑集落では集落を見守っているシンボル的な山として、一般的には鏡野町を代表する山として、人気のある山であるとして知られている[1][2]。なお、角ヶ仙という山の名前については、左右に裾野を広げた円錐型の山容が、を思わせるから、その名がついたとする口伝の説もあるものの、詳細はわかってはいない[1][2]

脚註[編集]

註釈[編集]

  1. ^ 平成の大合併以前は苫田郡加茂町

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 角ヶ仙 (Yamakei Online 2013年4月7日閲覧)
  2. ^ a b c d e 鏡野観光ナビ 山鏡野町 2008年作成 2013年4月5日閲覧)
  3. ^ ウォッちず(高梁→奥津→奥津) (国土地理院 2013年4月6日閲覧)