観測員章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
観測員章
Beobachterabzeichen
Observer Badge.jpg
非ナチ化された観測員章
Flag of the NSDAP (1920–1945).svg大ドイツ国による賞
種別 勲章
状態 廃止
歴史・統計
創設 1935年11月
初授与 1936年3月26日
序列
上位 パイロット兼観測員章
同位 パイロット章

観測員章(ドイツ語: Beobachterabzeichen)は、ナチス・ドイツの勲章。

概要[編集]

1935年11月にヘルマン・ゲーリングによって制定された。主に航空機の観測員や航空士、爆撃手を対象としており、2か月以上の勤務、もしくは5回以上の出撃が受章条件となっていたが、戦闘中に負傷した場合は条件が免除された。

観測員章を保有する者、もしくはパイロット章を保有する者は、より上位の勲章であるパイロット兼観測員章取得の資格を得ることができた[1][2]。しかし1944年7月31日に規則が改定され、実際に受けるためには観測員章、パイロット章両方の取得後一年以上の勤務が必要になった[1]

佩用する際は制服の左胸ポケットに付けるが、一級鉄十字章など高位勲章がある場合はその下に佩用した。

勲章は当初ニッケル銀メッキで作られていたが、1937年からはアルミニウムに原料が変わり、第二次世界大戦の終盤に差し掛かると次第に金属合金が用いられるようになった。また、フリーガーブルーゼのような戦闘服に佩用するため、布製の観測員章も生産された[3]

脚注[編集]

  1. ^ a b Ailsby 2003, p. 60.
  2. ^ Angolia 1987, p. 168.
  3. ^ Angolia 1987, pp. 177, 178.

参考文献[編集]

  • Ailsby, Christopher (2003) [1994]. A Collector's Guide To: World War 2 German Medals and Political Awards. Ian Allan Publishing, Inc. ISBN 9780711021464. 
  • Angolia, John (1987). For Führer and Fatherland: Military Awards of the Third Reich. R. James Bender Publishing. ISBN 0912138149. 

関連項目[編集]