親衛隊勤続章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
親衛隊勤続章
SS-Dienstauszeichnung
Waffen-SS Long Service Award 12year in Silver.jpg
2等親衛隊勤続章
Flag of the NSDAP (1920–1945).svgドイツ国による賞
種別 勲章
状態 廃止
歴史・統計
創設 1938年1月30日

親衛隊勤続章(しんえいたいきんぞくしょう、ドイツ語: SS-Dienstauszeichnung)は、ナチス・ドイツの勲章。

概要[編集]

1938年1月30日アドルフ・ヒトラーによって設立された[1][2](ただし、資料によっては1936年3月14日に設立されたと記されているものもある[3])。親衛隊勤続章には4年、8年、12年、25年、40年の5種類が存在し、勤続年数に応じてデザインが変更されていた[1]。勤続章にはFÜR TREUE DIENSTE IN DER SS(SSへの忠勤のため)と刻まれている。それぞれの勤続章はミュンヘンカール・ディービチ英語版によってデザインされた。

授与対象は親衛隊特務部隊親衛隊髑髏部隊バート・テルツ親衛隊士官学校英語版を包括した親衛隊全般である[1]

等級[編集]

4年[編集]

Ss-4 close.jpg 4年勤続章は黒色のメダルである。親衛隊勤続章の中では最も多く授与された。対象は男性の親衛隊下士官に限られた[3][4][5]

8年[編集]

SS-8 front.jpg 8年勤続章は銅色のメダルである。対象は全ての親衛隊員である[3][2][4]

12年[編集]

Waffen-SS Long Service Award 12year in Silver.jpg 12年勤続章は銀色のハーケンクロイツを模したメダルである[3][4][6]

25年[編集]

25年勤続章は金色のハーケンクロイツを模したメダルである[3][4][6]

40年[編集]

40年勤続章は制定されていたが、親衛隊自体が40年続かなかったので授与されることはなかった。

他部門[編集]

親衛隊勤続章は親衛隊に対しての章であり、ドイツ国防軍には国防軍勤続章が別に用意されていた[3]。また、NSDAPにはNSDAP勤続章英語版が、警察には警察勤続章ドイツ語版が設けられていた[7][8]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Angolia 1989, p. 156.
  2. ^ a b Ailsby 2003, p. 134.
  3. ^ a b c d e f Deutschesoldaten”. 2007年12月23日閲覧。
  4. ^ a b c d Nazi Germany's Long Service Medals”. 2007年12月23日閲覧。
  5. ^ Ailsby 2003, pp. 133, 134.
  6. ^ a b Ailsby 2003, p. 135.
  7. ^ Angolia 1989, pp. 216, 217, 221.
  8. ^ Angolia 1989, pp. 146, 150, 151.

参考文献[編集]

  • Ailsby, Christopher (2003) [1994]. A Collector's Guide To: World War 2 German Medals and Political Awards. Ian Allan Publishing, Inc. ISBN 9780711021464. 
  • Angolia, John (1989). For Führer and Fatherland: Political & Civil Awards of the Third Reich. R. James Bender Publishing. ISBN 978-0912138169.