名誉鑑章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
名誉鑑章
Ehrenblattspange
Ehrenblattspange Heer.jpg
Flag of the NSDAP (1920–1945).svg大ドイツ国による賞
種別 留金
状態 廃止
歴史・統計
創設 1944年1月30日
総授与数 4556人

名誉鑑章(めいよかんしょう、ドイツ語: Ehrenblattspange)は、ナチス・ドイツの勲章。授与対象はドイツ国防軍全軍及び武装親衛隊であり、総受章者数は4556人である[1]

概要[編集]

元々名誉鑑章は1941年ソ連侵攻時に制定されたが、当初は勲記のみの授与であった。1944年1月30日以降、アドルフ・ヒトラーによって勲記に加え章自体も一緒に贈られるようになった[1]陸軍海軍空軍それぞれで制定されており、正式には軍隊ではない武装親衛隊も、陸軍の一部として授与対象とされた[1]

受章資格[編集]

授与対象者は各軍のトップが選考していたが、陸軍のように大量に受章者が出た軍もあれば、海軍のように僅か37名しか受章者が出なかった軍もあるなど、受章資格が明確に定められていたわけではなかった。

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d ww2awards”. 2015年11月19日閲覧。
  2. ^ everything2”. 2015年11月19日閲覧。