戦傷章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1918年版戦傷章黒章

戦傷章(Verwundetenabzeichen)はドイツ帝国及びナチス・ドイツにおいて、戦傷者に授与された記章

概要[編集]

本章は、第一次世界大戦末期の1918年にドイツ帝国が制定したのが始まりである。陸軍用の戦傷章は鉄帽と交叉した剣をモチーフにしたのに対し、海軍用は錨と交叉した剣をモチーフとした。

1939年に第二次世界大戦が勃発すると、ナチス・ドイツによっても類似の戦傷章が制定された。1935年のスペイン内戦に参加して負傷した者や、1944年7月20日のヒトラー暗殺未遂事件で負傷した者専用の戦傷章も制定されている。また、戦後のドイツ連邦共和国(西ドイツ)では、1957年7月26日に制定された称号・勲章・記章に関する法律ドイツ語版(Gesetz über Titel, Orden und Ehrenzeichen)に従い、多くのナチス・ドイツ時代の勲章・記章類と共に鉤十字を除いたデザインの1957年版が制定されている。

戦傷章は金章、銀章、黒章の三等級からなっている。1回から2回の負傷で黒章、3回から4回の負傷で銀章、5回以上の負傷で金章が授与された。ただし、腕や足を失ったり、失明したりするなどの重大な負傷をした者には銀章、再起不能となった者には金章が必ず授与された。

ギャラリー[編集]

著名な受章者[編集]

ハンス・ウルリッヒ・ルーデル 金章 受章後も自ら志願して現役を続行し終戦まで戦い抜いた。

外部リンク[編集]