見立絵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

見立絵(みたてえ)とは、歴史上の出来事や故事古典を、同時代の人々が理解しやすい題材に託して描いた絵のことである。特に、江戸時代には、趣向を凝らしたものが多く見られ、さまざまな階層の人々に親しまれた。

見立涅槃図[編集]

江戸期に書かれた「変わり涅槃図」のうち、「見立涅槃図」に分類される作品がある。代表的なものには伊藤若冲晩年の作『果蔬涅槃図』があり、二股に分かれた大根を横たえた図を、釈迦入滅に見立てている。こうした作品は、「追悼等を笑いの対象とするような作品群の一つと考えられて」おり[1]、機知や揶揄に富んだ見立のひとつのあらわれである。他の例に、英一蝶作「業平涅槃図」、鈴木芙蓉作「芭蕉涅槃図」、「死絵」等の「役者涅槃図」、「鯨涅槃図」が挙げられる。[1]

代表的な作品[編集]

紀貫之を主人公とする謡曲「蟻通」を踏まえ、女性を神的な恋の化身として表現
  • 『果蔬涅槃図』 (野菜涅槃図) (伊藤若冲
八百屋に生まれた若冲が、野菜涅槃に見立てて表現

参考文献[編集]

  1. ^ a b Ito, Nobuhiro (伊藤信博) (November 19, 2008). “「果蔬涅槃図」と描かれた野菜・果物について” (pdf). 言語文化論集 XXX (1). http://www.lang.nagoya-u.ac.jp/proj/genbunronshu/30-1/itoh.pdf 2012年5月閲覧。.