西美緒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

西 美緒(にし よしお、男性、1941年10月 - )は、日本の材料科学者。リチウムイオン二次電池の炭素負極などを開発した。

経歴[編集]

愛知県名古屋市東区出身。愛知県立旭丘高等学校を経て、1966年慶應義塾大学理工学部応用化学科卒業[1]ソニー中央研究所、ソニー・エナジー・テック専務取締役、ソニーにて、コーポレート・リサーチ・フェロー[2]、業務執行役員上席常務、マテリアル研究所長・CTOなどを歴任。ソニー・エナジーテックでは1991年、世界初のリチウムイオン二次電池実用化・商品化を果たす[3]。1999年、リチウムイオンポリマー二次電池も商品化に成功した。

受賞歴[編集]

出典[編集]

  1. ^ Yoshio Nishi”. NAE Website. 2019年10月11日閲覧。
  2. ^ Sony Japan | プレスリリース| ソニーグループ組織概要”. www.sony.co.jp. 2019年10月16日閲覧。
  3. ^ ミカどん (2018年9月4日). “<斜め下>⑧世界初のリチウムイオン二次電池発売。ソニーの勝因は商品化への執着” (日本語). 省エネ・創エネに関する基本・最新情報を中心に配信中|ミカドオンライン. 2019年10月10日閲覧。
  4. ^ 公益財団法人 加藤科学振興会 _加藤記念賞”. www.katof.or.jp. 2019年10月11日閲覧。
  5. ^ 公益社団法人 日本農芸化学会” (日本語). 公益社団法人 日本農芸化学会. 2019年10月11日閲覧。
  6. ^ 西美緒技術研究所 > ドレイパー賞について