西神吉町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
西神吉村から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
西神吉町
にしかんきちょう
日章旗 日本
地方 近畿地方
都道府県 兵庫県
自治体 加古川市
旧自治体 西神吉村
面積
4.69km²
世帯数
3,336世帯
総人口
8,661
推計人口、2014年1月1日現在)
人口密度
1,846.7人/km²
隣接地区 東神吉町米田町志方町
高砂市
特記事項:人口のうち男 4,182人、女 4,479人
テンプレートを表示

西神吉町(にしかんきちょう)は、兵庫県加古川市の地域である。本項ではかつて同地域に所在した西神吉村(にしかんきむら)についても述べる。

概要[編集]

西神吉町は、加古川市の西に位置する。大字に西神吉町宮前、西神吉町西村、西神吉町中西、西神吉町大国、西神吉町岸、西神吉町辻、西神吉町鼎がある。

歴史[編集]

にしかんきむら
西神吉村
廃止日 1956年(昭和31年)9月30日
廃止理由 編入合併
印南郡西神吉村東神吉村米田町(平津・船頭) → 加古川市
現在の自治体 加古川市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 近畿地方
都道府県 兵庫県
印南郡
市町村コード なし(導入前に廃止)
面積 4.67km2
総人口 4,195
国勢調査、1955年)
隣接自治体 東神吉村米田町志方町阿弥陀村
西神吉村役場
所在地 兵庫県兵庫県印南郡西神吉大国
座標 北緯34度48分29.8秒 東経134度49分22.0秒 / 北緯34.808278度 東経134.822778度 / 34.808278; 134.822778 (西神吉村)
ウィキプロジェクト
テンプレートを表示
年表
  • 1889年明治22年)4月1日 - 町村制施行により印南郡鼎村・宮前村・西村・辻村・大国村・岸村が合併して印南郡西神吉村が発足[1]
  • 1956年(昭和31年)9月30日 - 印南郡西神吉村東神吉村米田町(平津・船頭)とともに加古川市へ編入[1]
  • 1958年(昭和33年)7月5日 - 高砂市阿弥陀町魚橋の一部を加古川市に編入。対象の地域の大字を西神吉町辻に改称[2]
  • 1981年(昭和56年)3月1日 - 高砂市阿弥陀町魚橋の一部を加古川市に編入、西神吉町辻の一部を高砂市へ編入[3]

人口統計[編集]

1901年末の戸数、人口は宮前村84戸、423人[4]。鼎村110戸、480人[4]。西村50戸、272人[4]。中西村60戸、325人[4]。大国村128戸、567人[4]。岸村62戸、287人[4]。辻村88戸、465人[4]

経済[編集]

農業

『大日本篤農家名鑑』によれば西神吉村の篤農家は、「神吉長作、前田辰太郎、原藤作、田中貞太郎」などである[5]

地域[編集]

教育[編集]

小学校
加古川市立西神吉小学校

郵便局[編集]

  • 加古川西神吉岸簡易郵便局

公共施設[編集]

寺社[編集]

寺院[6]
  • 南宗寺 - 浄土真宗本願寺派の寺院。山号、妓楽山。本尊、阿弥陀如来。1550年(天文19年 )4月開基。
  • 妙信寺 - 顕本法華宗の寺院。山号、本覚山。本尊、妙法大曼荼羅。1883年(明治16年)開基。
  • 真福寺 - 曹洞宗の寺院。山号、青龍山。本尊、薬師如来。1626年(寛永3年)6月開基。
  • 常福寺 - 浄土宗西山派の寺院。山号、聖徳山。本尊、阿弥陀如来。1663年(寛文3年)開基。
  • 正岸寺 - 真宗大谷派の寺院。山号、宝国山。本尊、阿弥陀如来。1795年(寛政7年)開基。
  • 正念寺 - 浄土真宗本願寺派の寺院。山号、高峰山。本尊、阿弥陀如来。1562年(永禄5年)12月開基。
神社[7]
  • 八幡神社 - 村社。祭神は誉田別命。

交通[編集]

バス
神姫バス
道路
加古川バイパス
兵庫県道387号平荘魚橋線
兵庫県道388号飾東宝殿停車場線
兵庫県道389号志方魚橋線
兵庫県道515号小原宝殿停車場線

出身人物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 角川書店 1988.
  2. ^ 大字名の改称”. 加古川市例規集. 2014年1月27日閲覧。
  3. ^ 市の境界変更”. 加古川市例規集. 2014年1月27日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g 『印南郡誌』私立印南郡教育会、1906年、pp14-15(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年4月26日閲覧。
  5. ^ 『大日本篤農家名鑑』大日本篤農家名鑑編纂所、1910年、128頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年1月17日閲覧。
  6. ^ 兵庫県印南郡 1916, pp. 183-186.
  7. ^ 兵庫県印南郡 1916, pp. 100.
  8. ^ a b 『印南郡誌』私立印南郡教育会、1906年、100頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年1月17日閲覧。

参考文献[編集]

  • 『角川日本地名大辞典 兵庫県』角川書店、1988年9月、初版第1刷。ISBN 978-4040012803
  • 兵庫県印南郡 (1916). 増訂印南郡誌. 前編. 兵庫県印南郡曽根町. https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1880083 2013年12月27日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]