西田谷洋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

西田谷 洋(にしたや ひろし、1966年 - )は、日本近代文学の研究者、富山大学教授。

略歴[編集]

石川県出身。1989年東洋大学文学部国文科卒、2000年金沢大学大学院社会環境科学研究科博士課程修了、「政治小説成立過程の研究」で文学博士。2004年愛知教育大学助教授、2012年教授、2014年富山大学教授[1]

宮崎夢柳等の明治初期政治小説の記号論的分析を行うとともに、認知言語学による物語論の組み替えを目指した。その後は、村上春樹やアニメ、児童文学などに研究領域を広げている。

著書[編集]

  • 『語り寓意イデオロギー』翰林書房 2000
  • 『宮崎夢柳論』マナハウス 2004
  • 『認知物語論とはなにか?』ひつじ書房 2006
  • 『政治小説の形成 始まりの近代とその表現思想』世織書房 2010
  • 新美南吉童話の読み方』双文社出版 2013
  • 『幻想の泉鏡花』花書院 2014
  • 『学びのエクササイズ文学理論』ひつじ書房 2014
  • 『ファンタジーのイデオロギー 現代日本アニメ研究』ひつじ書房 2014
  • 『テクストの修辞学 文学理論、教科書教材、石川・愛知の近代文学の研究』翰林書房 2014
  • 『村上春樹のフィクション』ひつじ書房 2017

共編著[編集]

  • 『認知物語論キーワード』浜田秀,日高佳紀,日比嘉高共著 和泉書院 2010
  • 徳田秋声短編小説の位相』大橋奈依, 木村友子, 權田昭芳, 中村雅未, 野牧優里共著 コームラ, 2011
  • 『メタフィクションの圏域』五嶋千夏, 野牧優里, 大橋奈依共著 花書院 2012
  • 『認知物語論の臨界領域』浜田秀共編 ひつじ書房 2012
  • あまんきみこの童話を読む』編 一粒書房, 2014
  • 『西田谷研究室の歩み』愛知教育大学西田谷洋研究室編 一粒書房 2014
  • 『女性の語り/語られる女性 日本近現代文学と小川洋子』編 一粒書房 2015

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]