西川徹郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

西川 徹郎(にしかわ てつろう 1947年9月29日 - )は、北海道芦別市生まれの俳人文芸評論家浄土真宗本願寺派正信寺住職。龍谷大学中退。本名は徹真

来歴・人物[編集]

浄土真宗の寺に生まれる。地元芦別高校在学中から俳句に目覚め、17歳で北海道を代表する俳句同人誌「氷原帯」の新人賞を受賞。10代にして処女句集『無灯艦隊』を上梓。

自坊の住職として務める傍ら、俳人として精力的に活動。芦別市に出版社書肆茜屋(茜屋書店)を設立し、個人雑誌「銀河系つうしん(後に-通信と改題)」などを発行する。妻は小説家の斎藤冬海。

「文学としての俳句」を提唱し、自らの作品を「実存俳句」と称している。「反季語」を掲げた自由な作風は俳壇では「異端」と評されることも多く、哲学者の梅原猛をして「ほとんどすべて甚だ難解」(論叢『星月の惨劇-西川徹郎の世界』茜屋書店、2002年)と言わしめた。

多作でも知られ、2000年上梓の『西川徹郎全句集』には実に5,300余句を収録するが、その2年後に刊行された句集『銀河小學校』で新たに5,000余句を書き下ろしている。但し、これについては「質より量」との批判もある。

評論家の小笠原賢二を高く評価し、病床の小笠原を見舞って、その西川徹郎論をまとめたいと申し出、『極北の詩精神』として刊行した(茜屋書店、2004年)。同書は小笠原の生前最後の著作となった。

2006年旭川市に「西川徹郎文學館」開館。

熱烈なプロレス格闘技ファンでもあり、北海道内で開催する興行は漏らさず観戦するという。元レスラー若松市政(元・芦別市議会議員)とも親交が深い。

著書[編集]

句集[編集]

  • 『瞳孔祭』(南方社)1980年
  • 『家族の肖像』(沖積舎)1984年
  • 『死亡の塔』(海風社)1986年
  • 『桔梗祭』(冬青社)1988年
  • 『町は白緑』(沖積舎)1988年
  • 『月山山系』(茜屋書店)1992年
  • 『西川徹郎句集』(ふらんす堂)1992年
  • 『天女と修羅』(沖積舎)1997年
  • 『無灯艦隊ノート』(蝸牛社)1998年
  • 『わが植物領』(沖積舎)1999年
  • 『月夜の遠足』(茜屋書店)2000年
  • 『西川徹郎全句集』(沖積舎)2000年
  • 『西川徹郎自撰自筆句集』(沖積舎)2002年
  • 『銀河小學校』(沖積舎)2003年
  • 『無灯艦隊 決定版 十代作品集』(沖積舎)2007年

その他[編集]

  • 『銀河系通信』(茜屋書店) - 不定期発行の個人雑誌。最新刊は19号(2006年8月)。編集人吉本隆明
  • 『教行信証研究』(茜屋書店)

関連文献[編集]

  • 小笠原賢二『極北の詩精神-西川徹郎論』(書肆茜屋)2004年
  • 笠原伸夫 『銀河と地獄-西川徹郎論』(西川徹郎文學館)2009年