西崎圭介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
西崎圭介 Football pictogram.svg
名前
カタカナ ニシザキ ケイスケ
ラテン文字 NISHIZAKI Keisuke
基本情報
生年月日 (1985-03-08) 1985年3月8日(36歳)
出身地 日本の旗 奈良県天理市
選手情報
在籍チーム ケニアの旗 グリフォンFC
ポジション オーナーFWMF
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2017- ケニアの旗グリフォンFC
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj
西崎圭介
にしざきけいすけ
生年月日 (1985-03-08) 1985年3月8日(36歳)[1]
出身校 天理大学[2]
現職 総務財政委員会[1]
議会運営委員会[1]
議会広報編集委員会[1]
議会改革推進委員会[1]
所属政党 令和の会 幹事長[1]

当選回数 1
在任期間 2019年4月30日[1] - 現職
テンプレートを表示

西崎 圭介(にしざき けいすけ、1985年3月8日[3] - )は、海外リーグに所属する日本人オーナー兼日本人サッカー選手である。天理市議会議員[1]も務める。

人物[編集]

奈良県[4]天理市出身。ケニアのサッカークラブ、グリフォンFCのオーナー兼サッカー選手。ポジションは、オーナー、フォワードミッドフィルダー。東アフリカ初の日本人クラブオーナーであり、2019年シーズン現在、ケニアリーグ唯一の日本人選手でもある。加えて、2019年より天理市議会議員も務める。

経歴[編集]

天理高等学校天理大学卒業[5]アメリカ合衆国ロサンゼルスの天理教施設で2年間を過ごし、バックパッカーとして世界一周の旅[6]に出る。訪問国は5大陸70ヶ国におよぶ。その後、東日本大震災ネパール地震 (2015年)熊本地震 (2016年)などにおける被災地支援や、アフリカを中心とした国際支援活動を行う。2017年6月にケニアでサッカークラブ「グリフォンFC」をケニアリーグへ参入させ、東アフリカ初の日本人オーナーに就任。自らも同チームのサッカー選手となる。[7][8][9][10] 2019年より市議会議員選挙に無所属・新人で当選し、天理市議会議員となる。

オーナーとして[編集]

日本人オーナー[編集]

世界でも数少ない海外クラブの日本人オーナー。企業を通した買収や、実質オーナー、共同オーナーなどではなく、単独でクラブチームをケニアサッカーリーグに参入させ、オーナーを兼選手の肩書きを持つ海外クラブのオーナーは、日本人でただ1人である。また、ケニアリーグ所属のグリフォンFC[11]は、設立1年で5部リーグから4部リーグへと昇格しており、その様子は現地メディアにも取り上げられている[12][13][14]

東アフリカ初[編集]

2017年6月、東アフリカ初となるサッカークラブの日本人オーナーに就任。ちなみに東アフリカにおける2番目は、本田圭佑によるウガンダ1部ブライトスターズの買収[15](2017年9月、実質オーナー)となる。

サッカー界初[編集]

ケニアリーグ所属「グリフォンFC」は、刑務所での更正プロジェクトを行うサッカー界初のクラブチーム[9]である。現地ケニアの刑務所と連携して、スポーツを通した受刑者への更正活動を行っている。

アフリカにおける国際支援活動[9][10][編集]

サッカークラブとしてのスポーツ活動[13]だけでなく、サッカー選手によるケニア支援活動を展開する、珍しいサッカークラブである。町やスラム街においては市民との清掃活動、孤児院や現地の学校での子供達とのサッカー交流、ケニア国内でチャリティーマッチを開催し集まった資金を孤児院へ寄付する[16][14]等、ケニア選手自身が現地での社会貢献活動を行う。また、世界初の試みとしてサッカーを用いた刑務所での更生プロジェクト[9]なども行う。

これらの活動が地元からの高い評価を受け、現地ニャフルルの地方自治体より表彰を受けた実績を持つ。

国内における活動[編集]

日本国内での活動として、遠隔での現地ケニアとのやり取り、情報発信[11]やメディア対応、講演活動[7][8][17][18]、クラウドファンディング[19]などを実施するほか、奈良県天理市への表敬訪問[20][21][22][23][24][25][26]、他団体との連携[27][28][29][30]なども行っている。

さらに、若者ボランティアやインターンシップの受け入れ[31]などの青少年育成も行っている。

メディア露出[編集]

海外メディア[編集]

現地サッカークラブの様子や、チャリティーマッチなど支援活動の様子が、度々ケニアの現地メディアに取り上げられている[12][13][14]

国内メディア[編集]

テレビ、新聞、ラジオ、ネットニュースなど、国内においてもメディア露出の機会が増えてきている。

フジテレビ系列バラエティ「世界でたった一人!オーナー様は日本人」に出演したほか、Yahoo!ニュース[32]、NEWS PICKS[33]、奈良テレビ放送[20][25]、読売新聞[21]、朝日新聞[34][22]、奈良日日新聞[7][8][9][10][27][28][29][30][31][26][35]、などに取り上げられている。

また、無料動画投稿サイトYouTubeにおいて、登録者135万人を超える人気YouTuber「ジョーブログ」のアフリカ縦断企画に出演[36]。動画の累計再生回数は600万回を超え、急上昇ランキング1位となった動画も含まれている。

政治家として[編集]

2019年、春の統一地方選で市議会議員選挙に出馬し、初挑戦ながら無所属・新人で当選、天理市議会議員となる。

初年度から、新会派「令和の会」を設立して幹事長を務めるほか、総務財政委員会、議会運営委員会、議会改革推進委員会、議会広報編集委員会などに所属している。

講演活動[編集]

ケニアでの国際支援活動やサッカークラブ運営などをテーマに、日本各地で講演活動を行っている[37][17][18]。これまでに、小学校や大学などの教育機関[7][8]への講演や、企業講演、各種イベントへのゲスト出演などもこなす。

ライターとして[編集]

世界一周の体験を活かして、ウェブ媒体での旅に関する記事[38][39]や、月刊誌での2年間にわたる連載[40]を持つなど、執筆活動にも取り組んでいる。

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 西崎 圭介/天理市ホームページ”. 天理市. 2019年6月5日閲覧。
  2. ^ スポーツで国際支援を/天理市ホームページ”. 天理市. 2019年6月5日閲覧。
  3. ^ 西崎圭介 (@Keisuke6038) - Twitter
  4. ^ ケニアで活躍している奈良県人♪ 面白い方に出会いましたよ~!| まいぷれ奈良生駒編集部のニュース | まいぷれ[奈良・生駒]” (日本語). まいぷれ「奈良・生駒」. 株式会社フューチャーリンクネットワーク. 2018年5月18日閲覧。
  5. ^ 天理の若者に読んでいただきたいメッセージ”. 2019年6月5日閲覧。
  6. ^ 外から日本を見てみれば WORLD Photo Gallery| 天理青年世界一周” (日本語). worldphoto.yotokusha.co.jp. 2018年5月7日閲覧。
  7. ^ a b c d ニュース【「世界羽ばたく人になって」 グリフォンFCオーナー兼選手の西﨑さん、天理大で講演】 | 奈良日日新聞” (2018年5月25日). 2018年5月25日閲覧。
  8. ^ a b c d 世界で羽ばたく人になって 西崎さん、天理大で講演| 奈良日日新聞” (2018年5月25日). 2018年5月25日閲覧。
  9. ^ a b c d e 天理から世界へ スポーツ通じた国際支援の輪”. 奈良日日新聞 (2018年6月8日). 2018年6月8日閲覧。
  10. ^ a b c ニュース【天理から世界へ スポーツ通じた国際支援の輪”. 奈良日日新聞 (2018年6月8日). 2018年6月8日閲覧。
  11. ^ a b ケニアの日本人オーナー” (日本語). 西崎圭介. 2018年5月7日閲覧。
  12. ^ a b Griffon march on in FKF Aberdareregional league(英語)| People Daily(ケニア全国紙)” (2017年10月10日). 2018年6月4日閲覧。
  13. ^ a b c Meneja wa Griffon FC” (スワヒリ語). Mwana Sports(ケニア全国紙) (2018年4月26日). 2018年6月4日閲覧。
  14. ^ a b c Football club holds charity match for the Talitha Kum children.” (英語). THE HOME NEWS(ケニア地方紙) (2018年2月9日). 2018年6月4日閲覧。
  15. ^ 本田圭佑、アフリカ・ウガンダのプロクラブ買収。世界3クラブ目の運営を開始”. 2018年6月4日閲覧。
  16. ^ チャリティーマッチで入場料全額を孤児院に寄付!” (2018年7月6日). 2019年2月4日閲覧。
  17. ^ a b VENTURE Community 11月度例会-西﨑圭介氏「サッカー×国際支援」”. 2018年11月12日閲覧。
  18. ^ a b 守口RAC 8月第2「ケニアでサッカークラブを設立された西崎圭介氏に聞く!」例会報告”. 守口ローターアクトクラブ. 2018年11月12日閲覧。
  19. ^ アフリカにサッカーの町をつくっています!サッカー×国際支援の新しいカタチ!!”. CAMPFIRE(キャンプファイヤー). 2019年2月2日閲覧。
  20. ^ a b ケニアサッカーリーグのオーナー兼選手が...|奈良テレビ「ゆうドキッ!」”. 2019年2月2日閲覧。
  21. ^ a b ケニアで支え合いサッカー グリフォンFC西崎さん 天理市長に活動報告|読売新聞” (2018年11月28日). 2019年2月2日閲覧。
  22. ^ a b サッカー通じ、ケニアを支援 西崎さん、活動報告|朝日新聞”. p. 26(朝刊) (2018年11月28日). 2019年2月2日閲覧。
  23. ^ スポーツで国際支援を|天理市広報紙「町から町へ1月号」” (2019年1月). 2019年2月2日閲覧。
  24. ^ スポーツで国際支援を|天理市公式サイト”. 2019年2月2日閲覧。
  25. ^ a b ケニアサッカーリーグのオーナー兼選手が|奈良テレビ放送” (2018年11月22日). 2019年2月2日閲覧。
  26. ^ a b 〝新しい国際支援〟を報告 西﨑さん、並河天理市長を表敬|奈良日日新聞” (2018年11月23日). 2019年2月2日閲覧。
  27. ^ a b ボールを世界の子供たちに 天理市で慈善フットボール大会 | 奈良日日新聞” (2018年5月18日). 2018年5月20日閲覧。
  28. ^ a b “ニュース【ボールを世界の子どもたちに 天理市で慈善フットボール大会】”. 奈良日日新聞 (奈良日日新聞社). (2018年5月18日). http://www.naranichi.co.jp/20180518ne6629.html 2018年5月20日閲覧。 
  29. ^ a b “サッカーで喜び伝える”. 奈良日日新聞. (2018年6月8日). https://football-kenya.com/wp-content/uploads/naranichinichi-2018-06-08.png 2018年6月8日閲覧。 
  30. ^ a b “スポーツ通じた国際支援 地方創生のきっかけに”. 奈良日日新聞. (2018年6月8日). http://www.naranichi.co.jp/20180608is517.html 2018-07-02閲覧。 
  31. ^ a b “天理大生の4人、ケニアへ―グリフォンFC西崎さん ボランティア事前研修”. 奈良日日新聞. (2018年7月27日). https://football-kenya.com/wp-content/uploads/naranichinichi-2018-07-27.png 2018年8月3日閲覧。 
  32. ^ ケニアのサッカークラブの夢|Yahoo!ニュース” (2018年11月24日). 2018年11月24日閲覧。
  33. ^ 監督もオーナーも日本人、ケニアのサッカークラブの夢|NEWS PICKS” (2018年11月24日). 2018年11月24日閲覧。
  34. ^ 監督もオーナーも日本人、ケニアのサッカークラブの夢|朝日新聞” (2018年11月24日). 2019年2月2日閲覧。
  35. ^ “スポーツ通じ、次代に伝えたいこと”. }奈良日日新聞. (2018年11月2日). https://football-kenya.com/wp-content/uploads/naranichi-2018-11-02.png 2018年11月11日閲覧。 
  36. ^ ジョーブログ・アフリカ縦断 ケニア編|ジョーブログ【CRAZY CHALLENGER】”. 2018年8月10日閲覧。
  37. ^ ケニアのプロサッカーチーム日本人唯一のオーナー が語る「世界でチャレンジし続ける事」”. 2018年11月12日閲覧。
  38. ^ 公式ライターによる寄稿一覧”. tabippo.net. TABIPPO.NET [タビッポ]. 2018年5月27日閲覧。
  39. ^ 西崎 圭介” (日本語). 旅人. 2018年5月27日閲覧。
  40. ^ 外から日本を見てみれば| 月刊『陽気』 792号ー815号.”. 2018年6月4日閲覧。

外部リンク[編集]