裴秀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

裴 秀(はい しゅう、224年 - 271年)は、中国三国時代から西晋政治家地理学者・西晋に仕えた。季彦(きげん)。本貫河東郡聞喜県。祖父は裴茂。父は裴潜。子は裴濬・裴頠。叔父は裴輯裴徽・裴綰。弟は裴耽。妻は郭配郭淮の弟)の娘。

三国志』の裴潜の伝に引用された『文章叙録』にまとまった記述があり、『晋書』にも独立した伝がある。

子供の頃から学問を好んだ。当時叔父の名声が高く、裴秀は生母の身分が低かったため、父の正室である継母に母子ともに冷遇されていたが、生母が毅然と振る舞ったため、継母のいじめが止んだという。人々は裴秀が裴家の後継であると認識するようになった。

毌丘倹の推挙で曹爽に採り立てられた。244年、父が亡くなると兄弟に財産を分け与え、父の爵位を継承した上で黄門侍郎となった。249年、曹爽が処刑されると免職になったが、その後は司馬昭に採り立てられ散騎常侍に任命された。

裴秀は曹髦(高貴郷公)とも親しく、曹髦に「儒林丈人」と呼ばれ、学問での子弟関係の仲にあったと言われている。曹髦は司馬望・裴秀・王沈鍾会らと東御殿で気楽な討論会を行い、文学論を書いた。

諸葛誕の反乱鎮圧には、陳泰や鍾会と共に参謀として参加した。

司馬昭が後継を定めようとした時は、長男の司馬炎を推挙した。司馬炎が曹奐(元帝)に帝位を禅譲させた時は、賈充・王沈・羊祜荀勗らと共に協力している。

晋の時代には文官として仕え、晋の礼法や官制の制定に功を挙げ、当時としては非常に精巧な地図である『禹貢地域図』十八篇『地域方丈図』などを作った。また彼が考案した製図法「製図六体」は、製図の際の縮尺・距離・方位などの基本方針を定めたもので、中国の地理学史上に多大な貢献をもたらした。

後に司空となる。征伐に積極的であったが、晋の大陸統一を見ることのないまま、泰始7年(271年)、寒食散を服用した際、誤って熱燗ではなく冷酒を飲んだことがもとで死去。同時代の皇甫謐が伝える記述によると、薬による不測の発作が生じ、何日も体温の高低が繰り返され、呼吸困難に加えて視線も定まらない状態が続いた。左右の者は発作時の解毒法に従い、大量の冷水を飲ませ、さらに冷水浴を施したが回復せず、かえって体温を奪われて水中で絶命したという。享年48。

裴濬が後継したが早くになくなったため、裴頠がその後を継いだ。

現在の中国では、優れた地図作品に贈られる「裴秀賞」なる賞がある。

参考文献[編集]