補陀洛寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
補陀洛寺
補陀洛寺.JPG
境内
所在地 神奈川県鎌倉市材木座1-12-11
位置 北緯35度18分21.4秒
東経139度33分10.1秒
座標: 北緯35度18分21.4秒 東経139度33分10.1秒
山号 南向山(なんこうさん)
宗派 真言宗大覚寺派
本尊 十一面観音菩薩
創建年 養和元年(1181年
開山 文覚上人
開基 源頼朝
正式名 南向山 帰命院 補陀洛寺
別称 竜巻寺
札所等 鎌倉三十三観音霊場第17番札所
文化財 木造十一面観音立像など(本文参照
法人番号 6021005001959
テンプレートを表示

補陀洛寺(ふだらくじ)は、神奈川県鎌倉市材木座に所在する真言宗大覚寺派寺院山号は南向山。創建養和元年(1181年)で、開山文覚上人開基源頼朝本尊十一面観音菩薩。たびたび竜巻に襲われているため、別名「竜巻寺」とも[1]鎌倉三十三観音霊場第17番札所。

歴史[編集]

源頼朝の祈願所として建立された。もと京都仁和寺の末寺で、その後鎌倉市手広青蓮寺の末寺だったが、現在は京都大覚寺の末寺となっている。本尊の十一面観音立像(平安時代)、薬師如来及び両脇侍像(中尊は行基、脇侍は運慶作との伝があるが、江戸時代の作[2]とも)など多くの仏像が安置されており、明治元年に寺が火災で建物は全半壊した際、これらの仏像類が全て無事であったという記録も残っている。

文化財[編集]

アクセス[編集]

脚注[編集]

  1. ^ かまくら春秋社『鎌倉の寺 小事典』p.134
  2. ^ 『鎌倉仏像めぐり』、p.54
  3. ^ 仏像の年代は『鎌倉仏像めぐり』、pp.52 - 54による。以下も同じ。

出典[編集]

外部リンク[編集]