ORAN袋井

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
袋井SCから転送)
ORAN袋井
原語表記 ORAN袋井
呼称 ORAN袋井
クラブカラー   オレンジ
 
創設年 2013年
所属リーグ 静岡県社会人サッカーリーグ
所属ディビジョン 1部
ホームタウン 静岡県袋井市
ホームスタジアム Chuen Clean Centre.png中遠クリーンセンター多目的広場
運営法人 株式会社ロイユニックス
代表者 日本の旗 安原直哉
監督 ブラジルの旗 カルロス・アルベルト・ゴンサルヴェス
公式サイト 公式サイト
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ
株式会社ロイユニックス
本社所在地 437-0024
静岡県袋井市三門町9番地の15
北緯34度44分29.1秒 東経137度55分20.6秒 / 北緯34.741417度 東経137.922389度 / 34.741417; 137.922389座標: 北緯34度44分29.1秒 東経137度55分20.6秒 / 北緯34.741417度 東経137.922389度 / 34.741417; 137.922389
設立 2021年09月30日
業種 サービス業
法人番号 1080401025364
事業内容 スポーツチームの運営
代表者 安原直哉
外部リンク 公式ウェブサイト
テンプレートを表示

ORAN袋井(おらんフクロイ)は、静岡県袋井市をホームタウンとするサッカークラブである。

概要[編集]

2013年に、静岡県磐田市をホームタウンに磐田FCとして創設[1]、2015年1月11日、ホームタウンを磐田市から袋井市に移転し、クラブ名も袋井SCに改めた[2]。2022年2月26日からは、ORAN袋井に再改称している[3]

袋井SCトップチームと「袋井SCアカデミー」(ジュニアユース、ジュニア、サッカースクール)のサッカー2部門とバスケットボールチーム「袋井フォルトゥライズBB」を運営している。嘗ては、サッカー部門のセカンドチーム(U-20)「袋井SC.OB」(2016年 - 2017年は「袋井SC.SS」)とサードチーム「エンジョイ」、女子チーム「袋井SCレディース」、フットサル部門のトップチーム「袋井フットサルクラブ」(2017年は「袋井SC.OB」)とセカンドチーム「袋井SC.OB」(エンジョイ志向)も運営していた。

歴史[編集]

2013年、静岡県磐田市磐田FCとして創設され[1]、2014年に静岡県西部地区リーグ3部に参入、東Aブロックを無敗で制し静岡県西部2部に昇格した。

2015年1月11日、ホームタウンを袋井市に移転し、クラブ名も袋井SCへ改めた[2]。リーグでは10戦全勝(うち1つ不戦勝)で優勝、1部昇格トーナメントも制し静岡県西部1部昇格が決定した。またこの年、セカンドチームとして袋井SC.SSを創設、静岡県西部3部に参入した[4][5]

2016年、トップチームが全国クラブチームサッカー選手権大会静岡県大会及び東海大会を制し、本大会に初出場[6]、準々決勝でイエローモンキーズに敗れた。

2017年、静岡県西部1部を無敗で優勝、静岡県社会人サッカーリーグ3部昇格を賭けた静岡県社会人サッカー5支部リーグを3勝1分で制し、昇格が決定した。またこの年、袋井SCのOBらを中心に、フットサルチーム「袋井SC.OB」を創設した[7]

2018年、静岡県3部で2位となり2部昇格が決定した。また、サードチーム「エンジョイ」及びジュニアチームを浅羽FC Aresとの合併によって創設[8]、フットサルの袋井SC.OBがエンジョイから東海フットサルリーグを目指す競技志向のチームへ変更し、袋井フットサルクラブへ改称した(エンジョイチームとしては「袋井SC.OB」をセカンドチームとして新たに設立している)[9]

2019年、静岡県2部は10位で残留を決めた。11位で降格したヤマハ発動機サッカー部とは同勝点で、得失点差で8上回ってのものだった。また、レディースチーム「袋井SCレディース」を設立、東海女子サッカーリーグを目指し2020年から静岡県女子サッカーリーグに参入するとした[10]が、結局参入はしていない。その他、「袋井SCアカデミー」とBリーグを目指すバスケットボールチーム「袋井フォルトゥライズBB」も設立した[11][12]

2020年、リーグはコロナウイルス感染拡大の影響により開幕が遅れた他、A・Bの2ブロック制に変更、袋井SCはAブロックに振り分けられた。焼津FCと優勝争いを展開したが、最終節(第5節)での直接対決に敗れ2位に終わった。

2021年、リーグは1ブロック制に戻り、12クラブによる1回戦総当たりで行われた。勝点28を挙げて1位となっていたものの、優勝争いの相手であるチャッキリーズとの対戦のみを残したままリーグは打ち切りとなった。最終順位は1試合の平均勝点で付けることとなり、袋井SCは勝点では1位であったが平均勝点は2.8止まり、対する9戦全勝で2試合未消化のチャッキリーズは平均勝点が3であったため2位となった[13]。また8月には、翌年からのジュニアユースの設立を[14]、10月1日にはクラブを法人化し、株式会社ロイユニックスを立ち上げたことを発表した[15]

2022年、ジュニアユースを発足させる際、現在の「袋井サッカークラブ(袋井SC)」というクラブ名では協会加盟できないとして前年11月末より新クラブ名を公募[16]、2月26日、新クラブ名を「ORAN袋井(おらんフクロイ)」に決定したと発表した[3]。「私の/が~」という言い回しを遠州弁で「おらん~」と言い、サポーターに「私のチーム」という愛着や親しみを持って共に戦って欲しいという願いと、選手・スタッフが「私が袋井を代表して戦っている」という覚悟を持って突き進むという決意を込めたものである[3]

戦績[編集]

リーグ戦[編集]

年度 所属 順位 勝点 試合 天皇杯 クラブ名
2014 静岡県西部3部東Aブロック 優勝 25 9 8 1 0 42 3 39 県予選不参加 磐田FC
2015 静岡県西部2部Dブロック 優勝 30 10 10 0 0 県予選敗退 袋井SC
2016 静岡県西部1部 2位 25 11 8 1 2 35 14 21 県予選不参加
2017 優勝 28 10 9 1 0 49 8 41
2018 静岡県3部 2位 26 11 8 2 1 48 14 34
2019 静岡県2部 10位 11 11 3 2 6 22 32 -10
2020 静岡県2部Aブロック[注釈 1] 2位 10 5 3(0) - 1(1) 8 7 1 県予選中止
2021 静岡県2部 2位 28 10[注釈 2] 9 1 0 35 4 31 県予選不参加
2022 優勝 36 13 12 0 0 県予選敗退 ORAN袋井
2023 静岡県1部 0 0 0 0 0 県予選敗退

全国クラブチームサッカー選手権大会[編集]

年月日 ラウンド 会場 得点 対戦相手 観客
23 2016年10月8日 1回戦 桃源郷 0(延長)0
4(PK)5
和歌山紀北蹴球団 100
2016年10月9日 準々決勝 紀三井球 0 - 3 イエローモンキーズ 100

所属選手・スタッフ[編集]

2022年

スタッフ[編集]

役職 氏名 前職 備考
監督 ブラジルの旗 カルロス・アルベルト・ゴンサルヴェス いわきFC コーチ
GKコーチ 日本の旗 佐藤飛翔 袋井SC 選手
アシスタントコーチ 日本の旗 髙橋謙太 袋井SC 監督
アシスタントコーチ 日本の旗 中山康矢 袋井SC 選手

選手[編集]

Pos No. 選手名 前所属 備考
GK 1 日本の旗 山村僚 拓殖大学
21 日本の旗 石島瑠斗 SV Norderstadt
41 日本の旗 田中聖一朗 中京大学
DF 2 日本の旗 秋山竜也 SV Norderstadt
4 日本の旗 鵜嶋慶樹 岐阜協立大学
5 日本の旗 鈴木玲音 磐田東高校
6 日本の旗 山本祐月 日本福祉大学
13 日本の旗 内田令恩 Hosei Club FC
16 日本の旗 杉本大樹 ヴォラーレFC浜松
23 日本の旗 松田一優 JAPANサッカーカレッジ
MF 3 日本の旗 鈴木翔 名古屋シティユナイテッドFC
7 日本の旗 萩田陸斗 磐田東高校
8 日本の旗 樋口勇人 常葉大学
10 日本の旗 乗松良綺 常葉大学
11 日本の旗 藪下涼平 名古屋産業大学
17 日本の旗 齋藤大祐 日本福祉大学
18 日本の旗 石川真哉斗 SV Norderstadt
19 日本の旗 池田グスタボ建造 ジュビロ磐田U-18
20 日本の旗 中島昇太郎 磐田北高校
22 日本の旗 中村結人 静清高校
FW 9 日本の旗 平野琢馬 常葉大学
12 日本の旗 阪本寛 エドゥカシオ・コンティーゴ
14 日本の旗 米山雄大 常葉大学
15 日本の旗 河野正和 リベルタス千曲FC
24 日本の旗 斎藤雅朗 常葉大学
33 日本の旗 鹿野貴大 浜名高校

ユニフォーム[編集]

ユニフォームの色
カラー シャツ パンツ ストッキング
FP(1st)
FP(2nd)
GK(1st)
GK(2nd)
FP 1st
FP 2nd
GK 1st
GK 2nd

クラブカラー[編集]

  • 2014年  
  • 2015年 - 2021年   緑、  オレンジ、 
  • 2022年 -   緑、  オレンジ

ユニフォームスポンサー[編集]

掲出箇所 スポンサー名 表記 掲出年 備考
サンアメニティ SunAmenity 2018年 - 2016年 - 2017年は背中上部
鎖骨 なし - -
背中上部 袋井市観光協会 袋井市観光協会 2018年 - 2015年 - 2017年は胸
2015年 - 2017年は「遠州三山」表記
背中下部 オオタエフシー オオタエフシー 2018年 -
Innovation Innovation, Inc. 2019年 -
パンツ前面 ヒューモラボラトリー HUMO
ヒューモラボラトリー
2022年 -
パンツ背面 なし - -

ユニフォームサプライヤー[編集]

歴代ユニフォームスポンサー年表[編集]

年度 鎖骨左 鎖骨右 背中上部 背中下部 パンツ前面 パンツ背面 サプライヤー
2014 - - - - - - - PUMA
2015 遠州三山 不明
2016 SunAmenity
2017
2018 SunAmenity 袋井市観光協会 オオタエフシー Borabora
2019 Innovation, Inc. Mizuno
2020
2021
2022 HUMO
ヒューモラボラトリー

脚注[編集]

  1. ^ a b “クラブ概要” (プレスリリース), https://www.fukuroi-sc.com/outline 2022年2月27日閲覧。 
  2. ^ a b “2015シーズン、組織体制変更のお知らせ” (プレスリリース), (2015年1月11日), https://www.fukuroi-sc.com/20150111-264.html 2016年10月1日閲覧。 
  3. ^ a b c “【新チーム名】決定のお知らせ” (プレスリリース), (2022年2月26日), https://www.fukuroi-sc.com/20220226-3866.html 2022年2月28日閲覧。 
  4. ^ “【ご案内】袋井SCセカンド発足のお知らせ” (プレスリリース), (2015年12月13日), https://www.fukuroi-sc.com/20151213-765.html 2022年2月28日閲覧。 
  5. ^ “袋井SC.SS 静岡県西部リーグ新規参入決定‼” (プレスリリース), (2016年3月1日), https://ameblo.jp/fukuroi-scss/entry-12134374271.html 2022年2月28日閲覧。 
  6. ^ 第23回全国クラブチームサッカー選手権大会・全国の舞台へ” (2016年9月25日). 2016年10月1日閲覧。
  7. ^ “袋井SCフットサルチーム” (プレスリリース), (2017年7月4日), https://ameblo.jp/iwata-fc/entry-12231774177.html 2018年5月23日閲覧。 
  8. ^ “『袋井SC×浅羽FCAres合併イベント』スポットスクール2017開催のお知らせ” (プレスリリース), (2017年7月4日), https://ameblo.jp/iwata-fc/entry-12231774177.html 2018年5月23日閲覧。 
  9. ^ “新体制!袋井フットサルクラブ始動のお知らせ” (プレスリリース), (2018年2月17日), https://www.fukuroi-sc.com/20180217-1935.html 2022年2月28日閲覧。 
  10. ^ “【レディースチーム新規発足!】袋井SCレディース 選手・スタッフ募集開始” (プレスリリース), (2019年8月10日), https://ameblo.jp/iwata-fc/entry-12504167295.html 2022年2月28日閲覧。 
  11. ^ “【袋井SCアカデミー新設のお知らせ】” (プレスリリース), https://www.facebook.com/FUKUROISC/posts/2352401411493051/ 2022年2月28日閲覧。 
  12. ^ “チーム概要” (プレスリリース), https://www.fukuroi-bb.com/outline/ 2022年2月28日閲覧。 
  13. ^ “⚽静岡県社会人サッカー 今シーズンの全日程終了”. (2022年2月7日). https://www.at-s.com/news/article/shizuoka/1023057.html 2022年2月28日閲覧。 
  14. ^ “【#アカデミー】🔴2022 #ジュニアユース #第一期生募集” (プレスリリース), (2021年8月5日), https://twitter.com/oranfukuroi/status/1423223267280646144 2022年2月28日閲覧。 
  15. ^ “【ご報告】” (プレスリリース), (2021年10月9日), https://www.instagram.com/p/CUyOUGZBE4X/ 2022年2月28日閲覧。 
  16. ^ “【クラブ】新チーム名の公募について” (プレスリリース), (2021年11月25日), https://www.fukuroi-sc.com/20211125-3726.html 2022年2月28日閲覧。 
  17. ^ “2015-2017シーズン採用 新ユニフォーム発表” (プレスリリース), (2016年1月11日), https://www.fukuroi-sc.com/20150111-274.html 2016年10月1日閲覧。 
  1. ^ 新型コロナウイルスの影響により2ブロック制で開催。引き分けの場合は即PK戦を行い、勝ったチームには勝ち点2、負けたチームには勝ち点1を与える。
  2. ^ 新型コロナウイルスの影響により、1試合未消化のままリーグ戦打ち切り。最終順位は1試合の平均勝点で付けることとなり、総勝点では1位だった袋井SCは平均勝点2.8、9戦全勝で2試合未消化のチャッキリーズは平均勝点3あったため2位となった。

外部リンク[編集]