藤田裕崇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
藤田 裕崇
基本情報
本名 Fujita Yasutaka
通称 尾張の鉄人/炎村
階級 スーパーライト級
身長 174cm
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1994-12-26) 1994年12月26日(27歳)
出身地 日本の旗 日本愛知県一宮市
スタイルボクサーファイター
プロボクシング戦績
総試合数 9
勝ち 8
KO勝ち 6
テンプレートを表示

藤田 裕崇(ふじた やすたか、1994年12月26日 - )は、日本プロボクサー愛知県一宮市出身。2019年、全日本新人王西軍代表(スーパーライト級)。現日本スーパーライト級6位。WBOアジアパシフィック13位。名古屋大橋ジム→三迫ジム所属。大手不動産情報サイト「SUUMO」を運営するリクルート勤務。早稲田大学、同ボクシング部出身。

人物[編集]

1994年12月26日、愛知県一宮市生まれ[1]。地元の清林館高等学校卒業後[2]、2014年に早稲田大学社会科学部へ進学。大学進学と同時に早稲田大学ボクシング部へ入部し、ボクシングキャリアをスタートさせる。早大でのアマチュア成績は10戦7勝3敗[3]。日本のプロボクサーである岩田翔吉とはボクシング部の同期である[4]

2018年、大学卒業後に名古屋大橋ジムへ所属し[5]、同年11月プロデビューを果たす。また、不動産情報サイト「SUUMO」を運営するリクルート住まいカンパニーへ入社し、営業の仕事も行っている。主に新築マンション分野を担当[3]

2019年8月4日に行われた全日本新人王決定戦・中日本地区予選に優勝。中日本新人王獲得[6]。同年11月10日に行われた全日本新人王決定戦・西軍代表決定戦においても勝利し、西日本代表となる[7]

高校在学中はオーストラリアへの留学経験もあり、英語が堪能である。

2020年4月、三迫ジムへ移籍。

入場曲はB'zの『愛のままにわがままに僕は君だけを傷つけない』。

戦績[編集]

日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考・会場
1 2018年11月25日 勝利 1R TKO 鈴木 啓市 日本の旗 日本 プロデビュー戦
2 2019年3月31日 勝利 1R TKO 鈴木 啓市 日本の旗 日本 全日本新人王決定戦 中日本地区予選
3 2019年8月4日 勝利 4R TKO 片岡 晃誠 日本の旗 日本 全日本新人王決定戦 中日本新人王獲得
4 2019年9月15日 勝利 2R TKO 宇野 凌汰 日本の旗 日本 全日本新人王決定戦 西部・中日本地区代表戦
5 2019年11月10日 勝利 2R TKO 高橋 拓也 日本の旗 日本 全日本新人王決定戦 西軍代表獲得
6 2019年12月22日 敗北 4R TKO 本多 航大 日本の旗 日本 全日本新人王決定戦 決勝
7 2020年9月3日 勝利 1R TKO 中村 堅亮 日本の旗 日本 63キロ契約6回戦
8 2021年4月8日 勝利 6R 判定 赤岩 俊 日本の旗 日本 63キロ契約6回戦
9 2021年10月30日 勝利 8R 判定 富岡 樹 日本の旗 日本 63キロ契約8回戦
テンプレート

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 二刀流社会人プロボクサー藤田裕崇 ロッキー憧れ大学から始めた” (日本語). 中日スポーツ・東京中日スポーツ. 2019年9月17日閲覧。
  2. ^ 卒業生の活躍を応援します| お知らせ| 学校法人平山学園 清林館高等学校”. 2019年9月17日閲覧。
  3. ^ a b 異色ボクサーが4連続KO勝利 早大卒の藤田、西軍代表決定戦へ” (日本語). 中日スポーツ・東京中日スポーツ. 2019年9月17日閲覧。
  4. ^ 早大4年生対談”. 早稲田スポーツ. 2019年9月17日閲覧。
  5. ^ 5連続KOのサラリーマンが新人王挑戦 名古屋の藤田裕崇が敢闘賞対決”. msnニュース. 2020年12月17日閲覧。
  6. ^ 中日本新人王決定 MVPはフライ級の中村淳希” (日本語). Boxing News(ボクシングニュース) (2019年8月4日). 2019年9月17日閲覧。
  7. ^ 会社勤め“二刀流ボクサー”が5戦連続KOで敢闘賞!藤田裕崇「尾張の鉄人」として新人王獲る” (日本語). 中日スポーツ・東京中日スポーツ. 2019年11月11日閲覧。

外部リンク[編集]