藤本淳雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

藤本 淳雄(ふじもと あつお、1929年2月22日[1] - 2021年8月10日)は、ドイツオーストリア文学者東京大学名誉教授。

人物・来歴[編集]

愛知県名古屋市出身。第八高等学校から、1951年東京大学独文科卒、同大学院研究奨励学生前期修了。1961年東京大学教養学部講師、助教授、教授、1989年定年退官、成城大学教授、1999年退職。

2021年8月10日、心不全腎不全のため死去[2]。92歳没。死没日をもって従四位に叙され、瑞宝中綬章を追贈される[3]

著書[編集]

共編著[編集]

  • 『会話で進める入門ドイツ語』同学社 1970.6
  • 『旅行者のドイツ語』ハインツ・シュタインベルグ共著 南江堂 1972

翻訳[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『著作権台帳』
  2. ^ “藤本淳雄さん死去 東大名誉教授、ドイツ・オーストリア文学”. 東京新聞 TOKYO Web (中日新聞社). (2021年8月27日). https://www.tokyo-np.co.jp/article/127102 2021年8月27日閲覧。 
  3. ^ 『官報』第578号6頁 令和3年9月17日号