藤代幸一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

藤代 幸一(ふじしろ こういち、1932年10月10日 - 2020年1月14日)は、日本の中世ドイツ文学者、東京都立大学名誉教授。

人物[編集]

東京市築地(現中央区)生まれ。東京外国語大学ドイツ語科卒。1958年東京都立大学大学院修士課程修了。1959年日本大学講師、1964年静岡大学講師、1967年東京都立大学助教授、83年教授。96年定年退官、名誉教授。

幼少時から歌舞伎、落語に親しみ、中世ドイツの笑いの演劇・文芸を研究・翻訳した[1]

2020年1月14日、肺炎のため死去。87歳没[2]

著書[編集]

共著編[編集]

翻訳[編集]

1『裸体とはじらいの文化史』三谷尚子共訳 1990
2『秘めごとの文化史』津山拓也共訳 1994
3『性と暴力の文化史』津山拓也共訳 1997
4『挑発する肉体』津山拓也共訳 2002
5『〈未開〉からの反論』津山拓也共訳 2008

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』1987、2002年
  2. ^ 読売新聞 2020年1月16日朝刊 32p