荻田常三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

荻田 常三郎(おぎた つねさぶろう、明治18年(1885年) - 大正4年(1915年1月3日)は、滋賀県初の飛行操縦士、日本の民間飛行家の先駆者

生涯[編集]

滋賀県愛知郡島川村(後の八木荘村、現愛知郡愛荘町島川)に呉服商の嫡子として生まれた。同志社中学を中退後、陸軍に志願し、少尉となった。陸軍在職中に飛行機に興味を持ち、除隊後家業を手伝う傍らで手に入る限りの飛行書を集め、飛行学校に入学するため大正2年(1913年)9月フランスに留学し、パリ郊外のヴィラークプレー飛行場にある航空学校に入学した[1]

入学後5か月で万国飛行1級免許を取得し、大阪で開催される帝国飛行協会(現日本航空協会)が主催する第1回飛行競技会に参加するため、当時フランスの最新機モラーヌ・ソルニエーG型機を購入し、恩師であるビゼーと共に帰国した。大正3年(1914年)6月13日、競技会には延べ35万人の群衆が押しかけ、高度で常三郎が高度2,003mを記録し1位になったことから常三郎は一躍有名人となった。常三郎は神崎郡八日市町長に「故郷の人達にも飛行機を見せたい」との思いを伝え、町長は同年10月急ぎ沖野ヶ原を整備し常三郎の思いは実現した[1]

同年12月、帝国飛行協会員となり、翌年1月に大阪・東京間の飛行を計画した。そのための飛行訓練を行っていたところ、大正4年(1915年)1月3日京都深草錬兵場から離陸直後、エンジンの故障により墜落し同乗の大橋繁治と共に死去した[1]

常三郎は「沖野ヶ原は飛行場として地質も気候条件も最適である」と言い、将来はこの地に飛行士を養成する飛行学校を設立したいとした。これを契機に「八日市飛行場設立委員会」が組織され、常三郎死後の大正4年(1915年)には、日本の民間飛行場の草分け「八日市飛行場」が完成し、また「翦風飛行学校」も設立された。常三郎の夢の通りに多くのパイロットがこの地から誕生した[2]

関連項目[編集]

荻田常三郎に係る書籍
  • 「滋賀の20世紀」(滋賀の20世紀編集委員会編 サンライズ出版 2001年)
  • 「それでも私は飛ぶ 翼の記憶1909-1940」(藤原洋・藤田俊夫著 オフィスHANS 2013年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 「滋賀県百科事典」(滋賀県百科事典刊行会編 大和書房 1984年)
  2. ^ 東近江ガイド. “八日市歴史物語-6.民間飛行場発祥の地「八日市飛行場」”. 2013年7月13日閲覧。

外部リンク[編集]