居正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
居正
Ju Zheng2.jpg
Who's Who in China Suppl. to 4th ed. (1933)
プロフィール
出生: 1876年11月8日
光緒2年9月23日)
死去: 1951年民国40年)11月23日
中華民国の旗 中華民国台北市
出身地: 清の旗 湖北省黄州府広済県
職業: 政治家・革命家
各種表記
繁体字 居正
簡体字 居正
拼音 Jū Zhèng
注音二式 Jiū Jhèng
和名表記: きょ せい
発音転記: ジュー ジョン
ラテン字 Chu Cheng
テンプレートを表示

居 正(きょ せい)は清末民初の政治家・革命家。中国同盟会以来の革命派人士で、中国国民党国民政府)では反共右派として知られる。旧名は之駿覚生。号は梅川

事績[編集]

中国同盟会での活動[編集]

塾教師の家庭に生まれる。1899年光緒25年)に院試で第1位をとったが、光緒27年(1901年)の郷試では落第した。1905年(光緒31年)9月、日本に留学し、1907年(光緒33年)に法政大学速成科を卒業する。入学の際に、郷土の先輩格である陳乾から宋教仁に紹介され、中国同盟会に加入した。

1907年(光緒33年)夏、日本大学本科法律部に入学した。まもなく、雲南省河口での孫文(孫中山)らの蜂起に参加しようと帰国を図る。しかし途中の香港で蜂起の失敗を知らされ、シンガポールに赴いた。そこで胡漢民汪兆銘(汪精衛)らが主宰する『中興日報』で記事・論文を執筆する。これ以後も、南洋各地で革命派宣伝工作に従事した。

1910年宣統2年)に孫文の命により居正は帰国し、以後、漢口で同盟会の工作に従事する。同年10月、武昌起義が勃発すると、居は湖北軍政府に加入し、都督黎元洪を補佐して政府組織の事務に従事した。12月、居は湖北代表として、南京で開催された各省都督府代表会議に出席している。

反袁世凱の活動[編集]

1912年民国元年)1月、孫文の臨時大総統就任とともに、居正は内務次長(代理内務総長)に就任した。しかし袁世凱が後任の臨時大総統となると、居は辞任した。その後、宋教仁率いる国民党で活動している。1913年(民国2年)3月に宋が暗殺されると、居は孫の下に戻り、二次革命(第二革命)に参加する。居は、上海呉淞砲台総司令として戦ったが、敗北して日本に亡命した。

日本亡命後の1914年(民国3年)6月、孫文が組織した中華革命党に居正は加入し、党務部長に任命された。1915年(民国4年)冬、孫の命により居は大連に戻り、反袁世凱活動を秘密裏に展開する。護国戦争第三革命)勃発後の1916年(民国5年)5月、青島で中華革命軍東北軍を組織して総司令となり、反袁の軍事活動を山東省で展開した。

反共右派として[編集]

袁世凱死後、居正は孫文の護法運動に参与する。1919年(民国8年)10月10日、中華革命党が中国国民党に改組されると、居は総務部主任兼軍事委員に任命された。1922年(民国11年)5月、広州軍政府で内務部長に任命される。1924年(民国13年)1月、国民党第1回全国代表大会で、中央執行委員に選出(その後、常務委員に選出)された。しかし居は孫の三大政策、特に聯ソ聯共路線に反発し、突然広州を離れ、上海に引きこもってしまう。

1925年(民国14年)3月12日に孫文が北京で逝去すると、居正は北京へ急行し、喪に服した。しかし、上海で章炳麟(章太炎)と「辛亥倶楽部」を組織するなど、国民党の聯共聯ソ路線には依然として服さなかった。同年11月、居は、鄒魯謝持林森らと北京の西山碧雲寺で独自に国民党第2回全国代表大会を開催し(西山会議)、三大政策反対と反共を公開で宣言した。

司法院院長及び最高法院院長[編集]

居正別影
『最新支那要人伝』(1941年)

その後の居正は、蒋介石と対立的な政治姿勢を保っていた。しかし、1931年(民国20年)の満州事変(九一八事変)を経て、国民党内は大同団結となり、居も蒋と和解する。居は国民党第4回全国代表大会で中央執行委員、常務委員に選出され、司法院副院長に任命された。1932年(民国21年)5月、居正は司法院院長に昇格した。以後、1948年(民国37年)6月[1]に辞任するまで、国内法制整備に尽力した。また、1932年11月5日から1935年7月22日までは最高法院院長を兼ねている。司法院院長辞任後、居正は監察院監察委員に選出された。1949年(民国38年)11月に台湾へ逃れた後もこの職にとどまっている。1951年(民国40年)11月23日、台北で病没。享年75。

[編集]

  1. ^ 蕭棟梁「居正」は1948年(民国37年)1月辞任としている。

参考文献[編集]

 中華民国の旗 中華民国国民政府
先代:
伍朝枢
司法院長
1932年5月 - 1948年6月
次代:
王寵恵
先代:
羅文幹
司法行政部長(臨時)
1934年10月 - 12月
次代:
王用賓