歩兵第9連隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
歩兵第9連隊
創設 1874年5月
廃止 1945年
所属政体 大日本帝国の旗 大日本帝国
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
部隊編制単位 連隊
兵科 歩兵
所在地 大阪 - 大津・伏見 - 京都
編成地 京都
通称号/略称 垣6554
補充担任 京都連隊区
上級単位 大阪鎮台 - 第4師団 - 第16師団
最終位置 フィリピン レイテ島
主な戦歴 西南 - 日清 - 日露 - シベリア出兵 - 日中 - 第二次世界大戦
テンプレートを表示

歩兵第9連隊(ほへいだいくれんたい、歩兵第九聯隊)は、大日本帝国陸軍連隊のひとつ。

沿革[編集]

12月18日 - 軍旗拝受
7月19日 - レイテ島に進出
10月27日 - ロビ山脈に後退
12月6日 - 和号作戦、ブラウエン飛行場を奪回するにみえたが、アメリカ軍の反撃を受け連隊は壊滅する
  • 1945年(昭和20年)8月 - 終戦

歴代連隊長[編集]

歴代の連隊長
(特記ない限り陸軍大佐
氏名 在任期間 備考
1 竹下弥三郎 1874.6.1 - 中佐
2 津田正芳 1876.5.10 - 少佐(心得)
3 山口素臣 1877.11.12 - 1880.4.25 少佐(心得)
4 高島信茂 1880.5.4 - 1883.6.22 中佐、1882.2.大佐
5 井戸順行 1883.6.27 - 中佐
6 高橋惟則 1887.4.22 - 中佐
7 内藤正明 1889.3.14 - 1895.2.16 中佐、1892.12.大佐
8 田村怡与造 1895.2.22 - 9.1 中佐
9 草場彦輔 1895.10.5 - 中佐、1899.9.大佐
10 中村無一 1903.5.14 - 中佐
11 岩田正吉 1904.11.18 - 中佐、1905.3.4戦傷
12 遠藤伸二郎 1905.3.8 - 中佐
13 中村無一 1906.10.23 - 1907.12.8
14 斎藤力三郎 1907.12.8 - 1909.1.28
15 木村捨馬 1909.1.28 - 5.28
16 今屋友次郎 1909.5.28 - 1912.11.30 中佐、1909.5.29大佐
17 市川堅太郎 1912.11.30 - 1914.11.30
18 船橋芳蔵 1914.11.30 -
19 木原仙八 1918.7.19 -
20 斎藤徳匡 1921.6.28 -
21 瀬戸口弥太郎 1924.2.4 -
22 名越時中 1927.8.26 -
23 中村半之助 1930.8.1 -
24 舞伝男 1933.3.18 -
25 兼久幸一 1935.3.15 -
26 片桐護郎 1937.8.2 -
27 古閑健 1938.7.15 -
28 河越重定 1939.8.1 -
29 上島良雄 1940.8.27 - 1941.12.30 戦死
30 武智漸 1942.1.2 - 11.1 戦死
神谷保孝 1942.11.11 - 1944.12.8 戦死

参考文献[編集]

  • 『歩兵第9連隊史』帝国連隊史刊行会, 大正6年(1917年)8月。
  • 『日本陸軍連隊総覧 歩兵編(別冊歴史読本)』(新人物往来社、1990年)
  • 原 剛『明治期国土防衛史』(錦正社、2002年)
  • 外山操・森松俊夫編著『帝国陸軍編制総覧』芙蓉書房出版、1987年。
  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。

関連項目[編集]

  • 大日本帝国陸軍連隊一覧
  • 歩兵第8連隊 - 「またも負けたか8連隊、それでは勲章9連隊」という俗謡にワンセットで語られる。実際の9連隊は上記のようにフィリピン戦玉砕まで負け戦を経験しておらず、事実無根の悪質な名誉毀損である。