荒木田守武

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

荒木田 守武(あらきだ もりたけ、文明5年(1473年) - 天文18年8月8日1549年8月30日))は、戦国時代伊勢神宮祠官・連歌師。荒木田一門薗田氏の出身で、父は荒木田守秀。母は荒木田(藤波)氏経の娘。荒木田守晨の弟。山崎宗鑑とともに俳諧の祖とも言われている。

1541年(天文10年)一禰宜となる。山﨑宗鑑から連歌を学び、「新撰莬玖波集」に入集されたものをはじめ、1508年永正5年)の「法楽発句集」などの連歌集、1530年享禄3年)の「独吟百韻」1540年(天文9年)の「守武千句」などの俳諧集、1525年大永5年)の教訓歌集「世中百首」などがある。

関連項目[編集]