茶草場農法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

茶草場農法(ちゃぐさばのうほう : Traditional tea-grass integrated system)とは、秋から冬にかけて茶園周辺の採草地「茶草場」で刈り取った草をチャノキの根元や間に敷く伝統農法のこと。2013年5月30日国連食糧農業機関(FAO)は、世界的に重要な地域として「静岡の伝統的な茶草場農法」を世界重要農業遺産システム(Globally Important Agricultural Heritage System; GIAHS、通称 世界農業遺産)に認定した[1][2]。茶草場では多様な動物植物の持続的な生存が期待される。

概要[編集]

深蒸し茶(色は深緑色から黄土色で地域差がある)

ここでは、掛川菊川島田牧之原各市と川根本町の4市1町の代表的な茶草場農法について記述する。

4市1町の茶草場面積は計297haと推計され、茶生産により維持される茶草場は、絶滅危惧種などが多く生育する貴重な半自然草地であることが明らかになりつつある。

東海地方の茶産地では、良質茶の栽培を目的として茶園ススキの敷草を施す農法が伝統的に行われており、茶草場における在来植物の多様性には、土地改変や管理履歴等の歴史性が強く影響を及ぼしていることが分かっている[3]。茶園の敷草としては、ススキの他、ササ等が使われ、これらを定期的に刈り取ることにより、キキョウノウルシカワラナデシコツリガネニンジンササユリなどの絶滅危惧種希少野生動植物種が、「茶草場」としての採草地で多様な動物植物と共に生存可能であると考えられている。

茶草場農法を川根本町では、昔から「カッポシ(刈り干し)[4]」などと呼び、行ってきた[5]

また、菊川市・牧之原市はを市の[6][7]、掛川市はキキョウを市章のモチーフに用い、市のにも制定している[8]

確認されている絶滅危惧種および希少種[編集]

レッドデータブック (Red Data Book、RDB)[編集]

環境省第4次レッドリスト

植物種[編集]

地域指定希少動植物種[編集]

植物種[編集]

動物種[編集]

  • カケガワフキバッタ:静岡県準絶滅危惧種(NT)、掛川市指定希少野生動植物種

対象地域とその面積[編集]

自治体別茶草場面積
自治体 地区 面積
掛川市 大野/東山地区 131ha
菊川市 富田/倉沢地区 92ha
島田市 大代/神谷城地区 42ha
牧之原市 東萩間地区 22ha
川根本町 久保尾地区 10ha
合計 297ha

モデルに選ばれた掛川市東山地区の茶園と茶草場の面積比は約100:65である[9]。5市町推進協議会の諮問機関「認証制度検討委員会」では、茶園の総経営面積に対する茶草場面積の割合や、茶草の投入期間を定め、茶草場農法ブランドの確立に努めている(例:50%、3年以上)[10][11]

日本国内でのこの農法への取り組み[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “「静岡の茶草場」を世界農業遺産に認定”. 中日新聞. (2013年5月30日). http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20130530/CK2013053002000077.html 2013年5月30日閲覧。 
  2. ^ 同日、阿蘇草原持続的農業(Managing Aso Grasslands for Sustainable Agriculture )と国東半島・宇佐の農林水産循環システム(Kunisaki Peninsula Usa Integrated Forestry, Agriculture and Fisheries System )も同様に世界重要農業遺産システムに認定された。
  3. ^ 茶草場として成立する半自然草地の多様性と維持機構の解明(21510250) 科研 基盤研究(C) 2009~2011年度”. 2014年6月3日閲覧。
  4. ^ 松田民俗研究所編 『井川雑穀文化調査報告書』 井川雑穀文化調査委員会、2004年3月
  5. ^ 世界農業遺産に「静岡の茶草場(ちゃぐさば)」が認定されました”. 川根本町ホームページ (2013年5月30日). 2013年7月29日閲覧。
  6. ^ 市の木・鳥・花”. 菊川市ホームページ. 2014年6月3日閲覧。
  7. ^ 牧之原市の花と木が決まりました”. 牧之原市ホームページ. 2014年6月3日閲覧。
  8. ^ 掛川市の市章・花・木・鳥”. 掛川市ホームページ. 2014年6月3日閲覧。
  9. ^ 稲垣栄洋楠本良延 (2012年9月27日). “静岡の茶生産が守る貴重な植物”. Our World - 国連大学ウェブマガジン. 2014年6月3日閲覧。
  10. ^ 「静岡の茶草場農法」認証制度骨子決まる” (2013年9月4日). 2014年6月3日閲覧。
  11. ^ 静岡の茶草場農法実践者認定制度”. 島田市ホームページ. 2014年6月3日閲覧。
  12. ^ 楠本良延 (2010年11月17日). “農業が育むもう一つの自然「茶草場の生物多様性」”. 農業環境技術研究所研究成果発表会. 農業環境技術研究所. p. 29. 2014年6月3日閲覧。

参考文献[編集]

  1. Traditional tea-grass integrated system in Shizuoka(Local name:Chagusaba)”. Association for Promotion of GIAHS"CHAGUSABA in Shizuoka" (2013年). 2014年1月5日閲覧。
  2. 茶生産のために維持される茶草場は貴重な二次的自然の宝庫です”. 農業環境技術研究所研究成果情報. 農業環境技術研究所 (平成21年度(2009)第26集). 2013年7月29日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]