若林マリ子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

若林マリ子(わかばやし まりこ)は、日本の歌手シンガーソングライターである。

フランス語翻訳家であり演出家の父・若林彰とピアノ教師の母親、そして民俗音楽家でシタール奏者の若林忠宏を兄に持つという、言葉と物語と音楽に囲まれた家庭環境で育つ。

高校卒業後、女性グループ「Windy」を結成。自身のオリジナル曲を中心に、ライブ・ハウスなどでインディペンデントな活動を展開し、「EAST WEST83」レディース部門で優秀賞を獲得。

Windy解散後、ビブラストーンのギタリストである岡田陽助に才能を見出され、岡田のサポートによるバンド「マリコ・ウィズ・キュート」を結成。1985年、ビクター(Invitation)よりアルバム『ICE AGE』、シングル『氷河期』をリリース。

バンドとして活動するかたわら、SAS関口和之のソロ・アルバム『砂金』(1986年)や、ムーンライダーズ鈴木慶一プロデュースによる『わかつきめぐみの宝船ワールド』(1987年)などに、「若林マリ子」名義でヴォーカリストとして参加。このほか、ソロとしての活動も積極的に開始。

1987年10月21日。VAPよりソロ・アルバム『end of a raiinbow』を「若林まりこ」名義でリリース。その後、雑誌・各種メディアなど積極的にメジャー活動を開始するも、一旦音楽活動を休止。兄・忠宏のサポートとして民俗音楽等のヴォーカルを勤めるほかは一切の活動を停止する。

2004年5月。音楽活動再開。オリジナル曲を中心に活動を開始。ソロ・アルバム作成に向けて作曲活動にいそしむかたわら、東京都内を中心にライブ活動を行うなど、新たな活動を展開中。

2010年秋、23年ぶりのニューアルバム、「flower city」をリリースした。

外部リンク[編集]