若林忠宏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

若林忠宏(わかばやし ただひろ、1956年 - )は、日本民族音楽演奏家。シタールをはじめ、さまざまな撥弦楽器打楽器演奏者。東京都出身。

文学座俳優演出家の父と、ピアノ教師の母の間に生まれる。中学生の頃に民族音楽と出会い、シタールを入手、独学で演奏法を習得。この頃から既に池袋パルコ渋谷ジァン・ジァンなどで演奏。島田荘司ロックバンドにシタール、タブラで参加。また1977年には、テクノポップバンド『ヒカシュー』の前期メンバーとなる。

1978年には、日本初の民族音楽ライブハウスを開店、数々の新しい試みによる演奏活動を続ける。

1986年には、サイケデリックロックバンド『七福神』のメンバーとなる。細野晴臣妹尾河童本篠秀太郎らと共演するなど、幅広く活躍。

一方、全国各地で民族音楽教室を開き、民族音楽の普及啓蒙活動にも努め、正倉院の五弦琵琶の修復にも携わる。 特に九州での活動は盛んで、2005年に「民族音楽センター九州」を福岡市に設立、九州での各種演奏会やイベントに多数出演。

妹は、シンガーソングライター若林マリ子

著作リスト[編集]

  • 『アジアを翔ぶシターリスト』
  • 『民族楽器大博物館』
  • 『民族楽器を楽しもう』
  • 『世界の師匠は十人十色』
  • 『もっと知りたい世界の民族音楽』
  • 『アラブの風と音楽』
  • 『世界の民俗音楽辞典』
  • 『スローミュージックで行こう』
  • 『民族楽器を演奏しよう』

外部リンク[編集]

  • 福岡猫の会 保護猫闘病記録、ホリスティックケア情報など。