芹ヶ谷公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
芹ヶ谷公園
Serigaya Park
SerigayaPark.jpg
虹と水の広場と彫刻噴水・シーソー
分類 都市公園(特殊公園)
所在地
座標 北緯35度32分48秒 東経139度27分11秒 / 北緯35.54667度 東経139.45306度 / 35.54667; 139.45306座標: 北緯35度32分48秒 東経139度27分11秒 / 北緯35.54667度 東経139.45306度 / 35.54667; 139.45306
面積 113,651.48m2
開園 1982年(昭和57年)4月8日[1]
運営者 町田市
設備・遊具 #主な施設を参照
駐車場 あり
アクセス #アクセスを参照
公式サイト 町田市のサイト

芹ヶ谷公園(せりがやこうえん)は、東京都町田市にある町田市立の都市公園(特殊公園)。園内の南側に町田市立国際版画美術館がある。

概要[編集]

1982年(昭和57年)に公園西側の第一期部分(面積約4ha)が開園。その後は公園東側の拡張整備を行い、1991年(平成3年)に公園東側の第二期部分(面積約7ha)が開園した。2001年(平成13年)には公園東側にあったひだまり荘周辺の一部を含めた部分に公園区域を拡大し、現在に近い形となる。

公園は町田駅から程近いところに位置し、北側では小田急線と面している。敷地は原町田のほか、南大谷高ヶ坂が入り組んでいる。毎年の開花時期には「まちださくらまつり」が行われるほか、毎年10月には流鏑馬・砲術演武などを披露する「町田時代祭り」が開催される。

虹と水の広場には、ステンレスで造られた高さ16mの「彫刻噴水・シーソー(飯田善国作、1989年4月設置)」が設置されており、時間によって定期的に支柱の噴水から水が出る仕組みで、水の重みでシーソーが動くよう設計されている[2]。この他、園内には「my sky hole 88-4(井上武吉作、1988年設置[3])」、「開かれた宇宙(高橋清作、1990年設置[3])」、「トキオコシ(平野杏子作、1990年5月設置[4])」といったモニュメントが設置されている[5]

沿革[編集]

主な施設[編集]

町田市立国際版画美術館
  • 町田市立国際版画美術館
  • 多目的広場
  • 虹と水の広場
  • アーチの泉
  • 芹ヶ谷ひだまり荘
  • 大池
  • 冒険広場
  • 芝生広場
  • 花見広場
  • カキツバタ園
  • 藤棚
  • 花木園
  • 自然保護林
  • 公園駐車場

アクセス[編集]

年中無休だが、時期によって開園時間が異なる。入園料無料。

電車の場合
自家用車の場合
  • 国際版画美術館横に専用の有料駐車場(合計38台分)あり。

脚注[編集]

  1. ^ a b 『広報まちだ(第601号、1982年4月1日発行)』
  2. ^ 『広報まちだ(第869号、1989年9月11日発行)』
  3. ^ a b 芹ヶ谷公園再整備基本計画 本編-1.計画の前提町田市
  4. ^ 『広報まちだ(第895号、1990年5月21日発行)』
  5. ^ まちダネ!カルチャー編町田市
  6. ^ 町田の都市計画(冊子)本文町田市
  7. ^ 国際版画美術館が開館25周年を迎えます町田市
  8. ^ 『広報まちだ(第1118号、1996年8月1日発行)』